2014年04月20日

言葉のない三つのロマンス 第三

ずいぶん前に練習をはじめ、レッスンも受けていたけど、仕上がる前にレッスンを1年間中断。
レッスン再開時には別の曲を持っていったので、2年ぐらい空けて再度レッスンを受けた。

すぐにOKをもらえると思っていたけど、中断していた2年の間にどうやら悪い方向へ進んでいたようで、結局半年近くかかってようやくOKをもらえた。
すぐに録画にかかったけどなかなか満足できず、2ヶ月ほどが経ってしまった。
録画・公開を考えるとなかなか「これだ!」って演奏ができず、今回もけっこうな音抜けがありつつも公開してしまった。
寛大な気持ちを持って聴いてやってください。
 

レッスンではまだ「蝶々」を継続中。
昨年のGWあたりから練習を始めたので、そろそろ1年。
レッスンのしようがない状態からは脱出し、昨日のレッスンでは初めて「横の流れが出てきて、曲らしくなってきた」といってもらえた。
ダメだったのはこの部分。
140420_1
下から2段目の最後の小節からの4小節。
アクセントがスラーの後のスタッカートの部分についている と。
言われてみれば確かにそう弾いているな と自覚。
テンポはゆっくり目だけど、もう少しで弾けそう。

あと指摘されているのは、音抜けのミスタッチ。
この曲は特にミスタッチなど目立つから、きっちり弾くことと言われている。
これが最大の難関だな。

ピアノ会まで1ヶ月少々。
弾きたい曲(ピアノ&鍵ハモ)が多くなりすぎてきたので、絞って練習しないとまたどれもこれも失敗しそう。
GWも近いし、ガンバロ!

 

moreech at 16:07|PermalinkComments(2)音楽 | 演奏

2014年02月09日

近況、いろいろ

2月ももう3分の1が過ぎる。

今月1日はレッスンを受けている先生の発表会。
以前は子供たちに混じって出ていたんだけど、最近はでていない。
今回事前にプログラムをもらったので、フラッと見てきた。

アンサンブルが多く、特に今回は家族と一緒の演奏があって微笑ましかった。
中にはこの為に初めてピアノ触った というお母さんや、エレキギターやエレキベースを演奏するお父さん方など、音楽を楽しむ家族を見ているとこちらも楽しくなってくる。

その翌日は久し振りのオーケストラを聴きに、初めての愛知芸術劇場コンサートホールへ。
まず驚いたのは建物の大きさと、自由席のお客さんの長蛇の列。
やっぱり三重県とは規模が違うな。

久し振りのオケは迫力たっぷり。
やっぱり生で聴くオーケストラはいいなぁ。

レッスンは昨年夏頃から月に1回ペースで、1ヶ月以上間があくこともしばしばで、なかなか曲が進まない。
今月は先生と都合がかみ合わず、土曜日にはレッスンができず、免許の更新で予定していた年休取得日と夜に設定してもらい、なんとか2回のレッスンを確保。
これからも土曜日の午前中はなかなか時間が取れそうにないので、夜のレッスンに変更していくことになるかも。

先月のレッスンでは「蝶々」は散々で、「この曲どうしましょうねぇ」と言われ、指導のしようがないというような感じ。 
今回は何とか取り返し、レッスンらしくなった。
ゴールがちょっと見えてきたかな?
もう1つのフォーレ「言葉のない3つのロマンス 」は少し指摘はあったものの、「もう良いんじゃないですか?」と言ってもらえたけど、もう1回だけ見てもらうことにした。
来月にはYouTubeに。

鍵ハモ。
ゆる〜い自己基準では、だいぶ様になってきたかな? と。
今のところ「エオリアンハープ」「めぐり逢い」「トルコ行進曲~Tao~」と練習をしているけど、今日からもう1曲追加。
ピアノ&ヴァイオリンの加羽沢さんの曲「想い出の風景」を試してみた。
曲に合うかどうかはさておき(良いのか?)、一人アンサンブルのお遊びでちょっとまとめてみたいな と。
YouTubeはさすがに恥ずかしいので、内々でちょっと公開をしてみたい などと考えている。
 

moreech at 19:48|PermalinkComments(4)レッスン 

2014年01月25日

飛べない蝶々

「蝶々」はショパンのエチュード25-9 変ト長調。
6つのフラットには慣れたけど、全然曲になっていかない。
指を広げないと弾けないので力が入ってしまい、指定されている“p”にならず、全部フォルテになっているという指摘と、3つの音のスラーが繋がっていないと言われ、それを意識して練習していたら、頭にアクセントがないし、スラーのあとのスタッカートが繋がってしまっている、 と。
どうも両極端になってしまうようだ。

難しいのは承知の上で挑戦したけど、難し過ぎる。
ついには「この曲、どうしましょうねぇ」と言われる始末。(笑)
とりあえず、もう少しあがいてみる と答えておいた。

フォーレの「言葉のない3つのロマンス 第3」はもう少し。
得意 というか、自分にあっていると思える。
蝶々はこれまで弾いたことがないタイプの曲だから、余計に弾けないんだろうな。


鍵ハモ。
相変わらず息が続かないけど、小さい音が少し出るようになってきた。
自分では音の幅ができてきたのではないか と思っている。

エオリアンハープはCDに合わせて練習しているので、どう弾けば良いかなんとなくわかるし、練習のポイントも絞り込める。(気がするだけかも

めぐり逢いは元々フルートの楽譜だし、模範演奏もないのでまるっきりの自己流で、ポイントがイマイチよくわからない。

誰かアドバイスしてくれる人、いないかなぁ・・・

 


moreech at 22:27|PermalinkComments(2)レッスン 

2014年01月04日

新しい年は新しいスマホで

ということで、元日にスマホを機種変更した。
120101_3

一昨年買った初めてのスマホは、スライドのQWERTキーボードがあるということで選んだけど、実際に使いいろんなアプリを使い始めると、メモリーの少なさが使い勝手を致命的に悪くしていることがわかった。
スマホはアプリを使わなければ意味がないと思う。
大量なアプリを使うということではなく、自分にとって必要な複数のアプリが快適に使えることが1番だと実感。
ゲーム機としてスマホを使うのはもったいないと思っているので、そこそこのメモリーがあれば十分だと思っていたけど、twitterやFacebook、LINEなど今流行りのアプリもインストールしきれないようでは話にならない。
インストール済アプリの更新のためのメモリー容量が不足し、更新ができないというメッセージが毎日のようにでるようになった先月から、真剣に変えることを考え始めていた。

狙っていたのはSONYのXPERIA。
海外メーカー製のWindowsタブレットやNexus7を使い、日本製のスマホと比較してみると、やはり日本製の品質の高さに安心感が持てる。
そして、ウォークマンアプリが使えるXPERIAに的を絞っていた。
あとはディスプレイの大きさ。
現在は大型化が進んでいるようで、5インチが標準のようになっているようだ。
だけど個人的には、タブレットもあるしスマホは4~4.4インチで十分という思いが有り、これに該当するのはdocomoのXPERIA Z1fしかないのだが、今の2年縛りが解けるのが今年6月なので、待つか5インチで妥協するか 迷っていた。

そんな時に見つけたのが、auの機種変10,500円引きのキャンペーン。
店頭で実際に触ってみて、5インチの大きさにはやはり抵抗はあったけど、機種変での割引はあまり見かけなかった。(これから頻繁にあるかもしれないけど ^^;)
このチャンスに乗っかるのも良いか?! と、最新のXPERIA Z1とZ1の半年前の機種ULで考え始めた。
スペックでは明らかにZ1。しかし価格差は30,000円。 
スペックか価格か散々迷ったけど、Z1と比較すればULは見劣りするけど、今使ってるスマホと比較すればULははるかに高スペック!
ということで、1つ古い機種にすることにした。
上の写真は買ってアカウントとSNSアプリをした状態で、最初の充電中。

Amazonでみつけたカバーと、画面の保護シートを貼り、必要なアプリをインストールし、使う頻度でショートカットの配置を決め、一応のカスタマイズ完了。
140104_23

カバーはAmazonで一目見て気に入って買ったんだけど、こうして見ると少々女子っぽい かな?
でも、ま、いいか! 

二つ並べてみると、画面の大きさの違いがよくわかる。
140104_4

今回の方が大きいけど、スライドのキーボードがない分、厚みは2/3ほどに薄くなっているし、明らかに軽い。
サクサク動いてくれるので、嬉しい。
ただやっぱり“XPERIA”というブランドのせいか、オリジナルな部分があって馴染めないところもある。
まぁこれは使う人の好みによるトコロが大きいので、私の好みにちょっと合わない ってこと。
恐らく完璧に好み通りの機種などありはしないだろうから、好みのアプリを見つけるなどして、自分用にカスタマイズしていけばいいこと。
今回のはメモリーも十分あるし(現在残り10GB)、OSのヴァージョンも4.2なので使いやすそうだし。
タブレットは4.4にアップデートして失敗したからなぁ・・・

なんにせよ、快適快適!
 



moreech at 17:02|PermalinkComments(0)デジモノ 

2014年 新年のスタート

あけましておめでとうございます。
今年もmo'ryuBlogをよろしくお願いいたします。
120101_1
最近は和菓子でスタートするのがこのブログのスタイル。

お正月は夜更かしして朝のスタートが遅くなり、親元へ年賀に行っては腹いっぱいご馳走になって帰り、録り溜めていたビデオを見て過ごしていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。

さて、2014年をどのように過ごすのか、どうしたいのか 念頭に当たり記録しておこう。
まずはピアノ。
現在取り組んでいるショパン・エチュード「蝶々」は、できればGWぐらいには仕上げたい。
昨年最後のレッスンから丁度1週間経った今日、やっと練習できたけど先はまだまだ見えてこない。
もう1曲、フォーレの「言葉のない3つのロマンス」第3番はあと3回ぐらいのレッスンで仕上げたい。
あと3回だと3月ぐらいになるかな?
フォーレが終わったら、またクラシックから離れてポピュラーにしようかと思っているけど、もう少しクラシックで粘るかも。
クラシックのレッスンを受けていれば、ポピュラーは独りでも弾けるような気がするようになってきた。
実際には弾けているのかどうか、甚だ怪しいが・・・

そしてやはり音楽になるけど、今年は鍵盤ハーモニカに取り組みたいと思っている。
鍵ハモは“鍵盤”楽器ではなく“吹奏”楽器だと、演奏してみて実感する。
息遣いでフレーズを作っていく感じは歌う感覚に近く、メロディラインをきれいに歌う練習にすごく良いように思う。
ピアノで弾くフレーズ感は、少々長くても作れないことはないけど、鍵ハモだとそうはいかない。
ロングブレスができないと、作りたいフレーズが作れない。
練習してロングブレスが出来るようになってくれば、副産物としてダイエットになるかも・・・
今はCDと合わせて練習をしているけど、アンサンブルができるようになれば、もっと楽しみが増えるだろう。
そうなりたいと思う。

地域の各種団体での活動だが、今年も役割が減ることはないと思われるので、昨年並に時間を取られることになるだろう。
大変ではあるけど、ちょっとした楽しみもあり(それがなければ誰もしないだろうけど)、出来るだけのことはやっていこうと思っている。


いつもながらに取り留めのない事ばかり書いたけど、今年1年、平穏で明るく楽しい年であることを願う。
一人で出来ることはタカが知れているので、周囲にいてくださるみなさんと一緒に協力をしながら、良い年にしていければいいなと思います。

今年もよろしくお願いいたします。





moreech at 16:10|PermalinkComments(9)雑記 

2013年12月30日

2013年まとめ

2013年も残り30時間を切り、どんどん新年が近づいていますね。
年末ということで、今年を振り返ってみよう。

まずはピアノ。
昨年から練習をしていた、松本あすかさん編曲のモーツァルト「トルコ行進曲~Tao~」。
新年早々録画してYouTubeへのアップからスタートしているよう。
どうやら検索に引っかかりやすいようで、視聴回数が360回を超えている。
少しだけ再生してもカウントされるようなので、真剣に聴いてもらえたのはどれぐらいなのかさっぱりだけど、それでもやっぱり再生回数が多いと嬉しいものだな。

今年はクラシックに戻ってきた年となり、アレンジものでは「Jupiter」「交響曲第3番第3楽章(ブラームス)」を仕上げ、原曲ではショパンの「雨だれ」を仕上げ、現在はエチュード「蝶々」に挑戦中。
なぜクラシックに戻ってきたか?
今年3月に発売されたCD「24のプレリュード(加羽沢美濃)」の楽譜が発売されると確信し、このプレリュードを弾くにはもっとクラシックをやらないと弾けない と思ったから。
 ・・・あちこちでため息が聞こえてきそう。
結局、まだ楽譜が発売されていないけど、いつか発売されると信じ、今は練習に励むのみ。

次に地域行事。
いろんな団体に首を突っ込んでしまった関係で、地域行事への参加は相変わらず多い。
そんな中でも実行委員長という肩書きをもらってる“星空コンサート”では、今年は最高のコンサートが開催できたと思う。
出演いただいたクラシック・ア・カペラのAuraの皆さんと、無理なお願いを聞いてくださったお二人のマネージャーさんには感謝!
131019_02

いろんな偶然が重なり、今回の出演を可能にしてくれた。
正にピンポイントの企画だったと言える。
再演を望む声も聞かせてもらっているけど、再演はまず無理だろうと思う。

そしてコンサート。
今年は少なかった。
何より、加羽沢さんのコンサートに一度も行けなかったのは残念。
来年は行きたいたいな。

来年につなげていくものとしては、今月から始めた鍵ハモ。
131207_02

目的の曲は、松本あすかさん編曲の「エオリアンハープ」。
ほとんど単音 とはいえ、とても難しい楽譜。
全然弾ける気がしなくて、これでは挫折しそうと思い、少し簡単な曲から挑戦してみることにした。
ぷりんと楽譜でフルート用の楽譜から「めぐり逢い」をチョイス。
実質的にはまだ1度しか練習していないんだけど、なんとなく鍵ハモの弾き方はこうなのかな? と考えられるようになった。
単なる思いすごしかもしれないけど、まだまだ始めたばかりの楽器。
これから少しずつ確信に近づけていければいいな。

来年も音楽を楽しめる年であることを願いつつ、今年のまとめとしよう。
 

moreech at 19:50|PermalinkComments(2)

2013年12月24日

Auraクリスマスコンサートin宗次ホール

今回で3回目となるAuraのクリスマスコンサート、昨日いってきました。
コンサート終わりで一緒に行っていた友人と居酒屋で飲みまくっていたので、1日遅れの報告。

今回は前半がラテン語での宗教系音楽。
どちらかというと静かな感じの曲が多く、じっくりと聴くイメージ。
宗次ホールで聴いていると、Auraの歌声と相まって大きな教会で聴いているような錯覚に陥る。
時間と場所を超越して、中世のヨーロッパにでもいるような雰囲気になる。
実際には経験していないから、想像するだけなんだけど。

後半は英語でのクリスマスソングが多く、クリスマス気分を存分に味わえた。
静かに聴かせる演奏も良いけど、Auraの皆さんが輝くような笑顔で歌唱するクリスマスソングは、聴いていて本当に楽しい。
ルロイ・アンダーサンの「そりすべり」は好きな曲のひとつだし、曲自体も楽しいので聴いているとつい体も動いてしまう。
両隣りのお客さんには迷惑をかけた・・ かも?

「We Wish You a MeryChristmas」や「まきびと羊を」などを聴いていると、クリスマスを実感できる。
クリスマスソングって良い曲がいっぱいあるのに、この時期だけ というのはもったいないなぁ と思う。

昨日のコンサートで気になったのが、ソプラノ原嶋さん。
奥に下がる機会が多く、そういうアレンジ(趣向)なのかとも思ったけど、表情に陰りが見えたので気になった。
歌声にも“アレ?”って思う部分もあったし。。。
サイン会の時聞いたら、やはり喉の調子が悪かったよう。

新しい発見は大石さん。
アルト担当なんだけど、曲によってはソプラノ(メゾソプラノ?)のパートを歌っていて、それがまた付け焼刃ではない、ソプラノらしいソプラノ(変な表現だけど^^;)でちょっとビックリ。
サイン会の時に聞いたら、もともとはソプラノで練習していたらアルトもできるようになった とのこと。
奥脇さんも音域が広そうだし、新生Auraは表現力の幅が広がったのかな? という気がする。

昨日はCD「Carol」を購入し、CDとして買っていないのは「Pastorale」だけになった。
PastoraleはFMで録音したのがあるので、後回しとなっているんだけど、全曲はないので次回のコンサートで買う予定。
だけど、そろそろ新生AuraのCDが聴きたいな。

ではお約束の。
131223_5

もひとつオマケに。
131223_1



 

moreech at 21:22|PermalinkComments(0)音楽 | コンサート

2013年12月01日

ピアノ会 2013年晩秋

恒例のピアノ会。
今回は8名で、会場は初めてとなる「スタジオ・リリタ」。
個人のお宅の1階部分がスタジオになっている。
こういう家は憧れだなぁ。 

 131130_1

ピアノはスタインウェイで奥行が170cmの小型。
まだまだ新しいピアノで、それが故にか、次高音から高音にかけての音の伸びがイマイチのようにも感じたけど、弾き心地は最高!
ピアニシモからフォルテまでいつもよりずっと幅広く鳴ってくれるし、タッチも重すぎず軽すぎず弾きやすい。

1曲目にショパンのプレリュード「雨だれ」を弾いた。
細かいミスはちょいちょいあったけど、全体としてはまぁまぁ。
人前で“まぁまぁ”は自分にとってはけっこう良い部類にはいる。

これで油断をしてしまったのか、2曲目のブラームスは思った以上に弾けず、次回のリベンジを誓う。
3曲目の「黄昏のワルツ」はさらにひどくなる。
もう少し弾けると思ったんだけど、練習の時よりてんぽがちょっと速くなってしまったかな?
録画に失敗して残っていないので、わからないけど。

131130_2

4曲目、「蝶々」はやはり無謀すぎた。
調子に乗りすぎだな。
ゆっくり弾くはずがいつもの練習より速くなって、コントロール不能。
ごまかしまくりの最悪状態。
これも次回までには安心して聴いてもらえるようにしておきたい。

5曲目はもう何回か弾いている「トルコ行進曲~Tao~」。
「蝶々」が酷すぎたので、これで少しは名誉挽回 と思ったのだけど、これもかなりミスってしまった。
考えてみればこの曲、家であまり練習していなかった。

振り返ってみれば、ショパンのエチュードが多かった。
10-1、10-3、25-1、25-2、そして25-9。
こんなにも聴けたのは初めてじゃないかな?
もっとも25-9「蝶々」は演奏以前の問題だけど。

アンサンブルもたくさんあった。
やっぱりアンサンブル、やりたいなぁ。
松本あすか版エオリアンハープ、できればいいな。
今日は練習後、鍵ハモでネット検索しまくり。

鍵盤ハーモニカ(ピアニカ、メロディオンなど)というと、どうしても子供用というイメージがついてくるけど、息使いでピッチが変わったりビブラートをつけたりできるので、サックスの様な位置づけで考えてもいいようだ。
メロディ楽器を持てば、これからアンサンブルの機会が増えるかも。 

それはともかく、ネットでみていてますます鍵ハモに興味が出てきたので、真剣に購入を考えているところ。
早ければ年内にもGETする かも。

131130
録画ビデオからのワンショット。
 

moreech at 16:59|PermalinkComments(4)音楽 | 演奏

2013年11月16日

レッスン

ひと月以上ぶりのレッスン。
「蝶々」
自宅ではだいぶ弾けるようになってきた 気分でいたけど、その思いはレッスンで粉々に崩れた。
独りで弾いていると、ついつい楽な弾き方になってしまっているようで、本人は気づいていないようだ。

まずは左手。
スタッカートになっていないと指摘。
右手。
ターララとなるべきがタン・タタとなっている。特に中間から後半にかけて。
そして、今の弾き方は淡々としすぎているので、曲想をつけるようにしていかないとつまらない とも言われた。 
つまり、まったく弾けていないということ。 

ただ音符は読めているので、「ここからですね。」と。
レッスンを受け始めて4~5ヶ月ぐらいになるのかな?
やっとスタートラインに立てたようだ。

先月卒業したブラームスの代わりに持っていったのは、フォーレ「三つのなんとかかんとかロマンス」(いつまでたっても覚えられない)。
一昨年レッスンを中断する前にレッスンを受けていて、中断前に卒業できなかった曲。

2年半ぶりぐらいに持っていったわけだけど、これも「淡々としすぎ」といわれた。
レッスンを受けることを前提に練習すると、どうしても譜面に忠実にと考え、一定のテンポをキープすることを第一に練習してしまう。
もちろんクレッシェンドやデクレッシェンド、リタルダンドやアテンポなど、一応の表記にも注目はしているつもり。
だけど、自分で思っているほどできていないようだ。

この曲に対する指摘は、「もっと自由に弾いても良い」だった。
今の弾き方は、どちらかといえば古典やモーツァルトより。
フォーレなので、もっとロマン派よりの弾き方を ということだった。

レッスンとは別に、今月末のピアノ会で弾こうと思って練習している曲がある。
なんとか間に合いそうだけど、一度もレッスンを受けずに人前で弾くのは ちょっと不安。
でもまぁ、これはポピュラーだからいいだろう と、いつものお気楽気分でいくことにする。



moreech at 21:18|PermalinkComments(0)レッスン 

2013年11月04日

11月。

2013年も残り2ヶ月足らず。
行事やイベントのピークを迎えた10月を終え、徐々に落ち着きを取り戻しつつある。
そんな今日は久振りの十分なピアノ練習ができた。
前にちゃんと練習できたのが10月6日だったので、ほぼ1ヶ月ぶりになるんだぁ。
この間に練習できたのは1回で、1時間ほど。
これじゃ上達しないよな。

16日のレッスンまでに練習できるのも、あと1回ぐらいかな?
この時期は仕方がないと諦めるしかないけど、30日のピアノ会までにはもう少し練習しなきゃ。


 昨日は地域の文化祭。
所属する地域のホームページ作成委員会で、パソコン・インターネット無料相談会を開催。
自分たちが作ったホームページをPRして、閲覧者を増やすのが目的。
2つの地区で文化祭が重なったのでタイヘン。
img20131103_093251


私が担当した方では、相談者は3組。
年配の方がほとんどだけど、一生懸命覚えようとする姿勢が素晴らしい。
中にはタブレットに興味が有り、講習会に参加した という人も。
OSの違いや通信会社のことなどを説明させてもらった。

地図をワードに貼り付けたい という方には、手軽なプリントスクリーンの方法を伝えたけど、果たしてこれが良かったのか ちょっと疑問が残る。 


一昨日は予定が3つ重なってしまうハードな1日。
ちょっと大げさに書いたけど。。。 

 変わってもらえる予定はお願いしたりして何とかやり過ごす。
 
オールトヨタ大商談会 というのが市内で開催されていて、会社絡みの営業支援で購入者を紹介する制度がある。
義理の妹がクルマを買い換えるということで、1ヶ月待ってもらってこのイベントで契約してもらった。
商談ブースのすぐ隣に展示してあった赤いオーリス。
131102
 派手なクルマやなぁ と思ってみていたんだけど、しばらくしてこれが噂(?)の“シャア”仕様のオーリスだと気づく。
あの人気アニメ、ガンダムのキャラクター 赤い彗星シャアをモティーフにドレスアップしたモデル。
写真は前だけなんだけど、後ろもかなりハデ。
乗るのはちょっと恥ずかしい気もするけど、若かったら買っていたかも。 

私はどちらかといえば、ガンダムよりヤマト派(そんな派閥あったか?)なんだけど、こういう遊び心は好きだなぁ。
 
クルマの展示会は楽しい。
いろんなクルマの運転席に座って、ワクワクするクルマがあるとさらに楽しい。 
 

moreech at 18:13|PermalinkComments(2)雑記