2013年10月21日

星空コンサート@Aura

今回で第28回となる星空コンサート。
私が実行委員長を務めるようになって6回目のコンサートは、このコンサートに携わるようになった時からの希望・・・ というか夢でもあったAuraの招致が叶った、私にとって忘れられないコンサートになった。

通常は郷土資料館の前庭で開催するコンサートだけど、今年は天候が悪く小学校の体育館で開催することとなり、資料館の佇まいとAuraのハーモニーという希望は叶わなかったけど、正直なところ、体育館での開催で良かったと思っている。
来場者の収容にも余裕があるし、ステージを見るための障害物もない。
資料館では玄関のポーチ(車寄せ)部分にステージを組むのだけど、柱があるためこれが障害となり、ステージを見ることができる範囲が狭くなってしまう。
それにステージ正面の座席数が極端に少なくなってしまうのだ。
 111008_05
Auraの皆さんの場合、この障害がクレームになりそうだったし、ステージを見るために立ち歩く人たちが増えそうな感があった。

体育館だとこういう感じ。
131019_06

スタッフということもあり、発声練習からリハーサルもずっと立ち会わせてもらえたんだけど、発声練習を聴いただけでも感動
そしてリハーサルでも、マイクを使用・不使用やマイク位置、マイクとの距離の確認、立ち位置が変わった時のマイクの高さ(身長差がある)の確認など、普段のコンサートでは絶対見ることができない場面に立ち会え、これほどありがたいことはない。

そして何より嬉しかったこと。
それはリクエストした曲「星の世界」を演奏していただけたこと。
この曲は小学校の音楽の教科書に載っていて授業でやった曲だけど、とても気に入っていて小学校の頃もよくピアノで弾いていた記憶がある。
“星空”にちなんだ曲で賛美歌でもあるこの曲は、Auraのイメージにぴったりだという思いもありリクエストしたんだけど、受け入れてもらえたことがとても嬉しかった。

131019_03

この会場への最寄駅には、日本でも非常に珍しいナローゲージ(線路幅:762mm)の電車。
おもちゃのような小さな電車で、駅から10分ほど歩かなければならないけど、ぜひ乗って欲しいとお願いした。
申し訳ないという気持ちもあったんだけど、電車や歩いてもらった街並みも喜んでくださったようで、これも嬉しかった。

今回実施したアンケートでも、「感動した!」とか「また是非Auraさんを!」という感想が多く、回収できた132枚のアンケート用紙では、演奏については「大変良かった」と「良かった」を合わせると94.7%!
(残りの5.3%は未回答)
Auraの皆さんも終始素敵な笑顔で接していただき、コンサートとしては大成功! といって良いと自負してる。

ただ運営面では私の見込みの甘さが露呈し、市街からのお客さんがほとんどなかったこと、SNSやAuraのオフィシャルサイトを見て来てくださった人がひとりもいなかったこと(回収アンケートでの判断)がショックだった。

おまけショット。
131019_21

ふと見るとデジタルレコーダーが5台置かれていた。
きっとAuraの皆さんのモノだろう。
マネージャーさんはビデオを撮っていたので。
ビデオ観たいな。

今回星空コンサートに出演を決めていただいた前マネージャーさん、そして実際のコンサートでお世話になったマネージャーさん、Auraの皆さん。本当にありがとうございました。
機会があれば、そして今回で懲りていなければまたお願いします。
 

2013年10月09日

ブラームス交響曲第3番3楽章

このブログによると、ブラームスの交響曲第3番第3楽章の練習に入ったのは、今年の2月頃のようだ。
何でも書いて残しておくと、いつから練習を始めたのかよくわかる。
 これってイイ事かどうかは分からないけど、レッスン日記としては良い記録にはなるな。

練習を始めて8ヶ月ぐらいになるのか・・・
最初はかなり苦労したので、時間がかかったは仕方がないな。
とりあえず、聴いてもらえるぐらいにはなったと思うので、ここで区切りをつけてアップ。
 
使用楽譜:YAMAHA「華麗なるピアニスト」シリーズ クラシック・セレクション 加羽沢美濃編
交響曲 第3番より 第3楽章 
作曲:ブラームス  ピアノアレンジ:加羽沢美濃

ところで、今日は四日市文化会館でワンコインコンサートがあり、斉藤浩さんのツィンバロンを聴いてきた。
演奏形態は、ツィンバロンのソロ、ハープやピアノとのデュオ。
アイリッシュ・ハープの様なちょっと小型のハープと、小さめのツィンバロンは大きな第1ホールで聴くには少々音量不足に思えた。
でも小型のツィンバロン(何とかって名前を言っていたけど覚えていない)澄んだ音色でハープと良いバランス。
ツィンバロンの大きい方(これも名前覚えていない)は凄く個性的な、倍音を多く含んだような音色で、個人的にはコチラの方が気に入った。
ピアノとのデュオでは、ピアソラの「オブリビオン」やチックコリアの「スペイン」を演奏されたが、この2曲がお気に入り。凄くよかった。

プログラムと一緒にもらったほかのコンサートのチラシ。
131009
 
行きたいのはいくつかあるけど、その中で関西フィルの演奏会でヴァイオリンを弾かれる森彩香さんという方が四日市出身とのことなので、是非聴きたいと思う。
同じ苗字で親近感あるし。

 

moreech at 17:05|PermalinkComments(0)レッスン | 演奏

2013年09月23日

気づけば1ヶ月

twitterやfacebookの方が手軽なので、相変わらずblogが疎かになってしまう。
blogの利点は文字数制限をほとんど気にすることがないことと、画像の貼り付け位置を自由に配置できること。
逆にそれが面倒 ということもあるんだけどね。

さてこの1ヶ月。
さかのぼってみるとまずは昨日。
パラミタミュージアムで開催されている「’12日本のガラス展」に行ってきた。
130922_1
 ガラスの美術作品展を見るのは初めて。
大きな塊から削り出したような作品や、細かい部品を組み合わせたような作品、非常に細かい彫刻をされた作品など、なかなか見ごたえのある作品たちだった。

ガラス展とは別にもうひとつの目的は、アイリッシュハープとアイリッシュフルートによるコンサート。
hatao&namiというユニット。
hataoさんが笛たちを演奏するときの指の動きに、なんだか惹かれたのと、namiさんがピアノを弾くときに、サンダルを脱いで裸足でペダルを踏んでいたのが印象的だった。
何を見ているんだか・・・
 
演奏でも使っていた“ティン・ホイッスル”という縦笛と教則本・CD付きで1000円ということで思わず買いそうになったけど、今日は5曲入り500円のCDを買ってサインをもらってきた。
130922_3

夕方、Amazonに発注していた月刊誌「CHOPIN」が届いたのでページを捲っていたら、斎藤雅広さん監修の「ショパン名曲難易度別攻略法」のなかで、現在練習中の「蝶々」が最高のレベル5に入っていた。
ピアノ協奏曲第1番やバラード4番とともに・・・
130922_4
改めてとんでもない選曲をしてしまったと後悔。
楽観的に考えれば、レベル4にランクされている英雄ポロネーズが弾ける?
無いな。

先週は3人の先生たちで開催される大人の発表会@プリマベーラ。
今回は仕事の都合で出られるかどうかが天候次第だったので、申し込まなかったけど、やっぱり出たかったなぁ。
130915_1
何回出ても慣れなくていつも失敗しているんだけど、何故か出たくなる。
下手でもちゃんと聴いてもらって拍手してもらえるのが嬉しいのかな?

最後に。
いま私の中の1番は来月の星空コンサート。
今回はわがままを通してAuraに出演していただくことになったので、何とかたくさんの人に来てもらいたく奮闘中。
28_ポスター
何が「成功」か、その定義は難しいかもしれないけど、とりあえず230人以上の来場と「来て良かった!」と言ってもらえる人が大勢を占めるようであれば「大成功」かな?
主催側とすれば。
出演者側からも「来て良かった」と言ってもらえるようであれば嬉しいんだけどな。

Aura オフィシャルサイト
http://www.aura-official.com/

Aura Facebook
https://www.facebook.com/Aura.Acappella?ref=profile

Aura twitter
https://twitter.com/AuraAcappella

とにかく、あとひと月足らずの時間を頑張ろう。




moreech at 09:44|PermalinkComments(2)

2013年08月16日

ピアノ曲 いろいろ

今年の盆休みは5日。
特に大した予定もないことから、毎日午前中は練習ができる。

エチュード「蝶々」は若干の進展は感じられるものの、とにかく右手首が痛い。
他の曲を弾くときは全く問題ないけど、しばらく弾いていないと手首が固くなるようで、2回通して弾けない事も。
我慢弱いからなぁ。
3日目となる今日も3回目ぐらいで少し休憩(手をぶらぶら)し、我慢して弾いてたらちょっと柔らかくなってきた感じで、30分ぐらい練習できた。
残り2日、もう少し進展させられるかな?

ところで、1週間ほど前にBookoffで見つけた楽譜。
130810_b
表紙にこの上で文字を書いた跡がくっきり残っていたので買うのをためらっていたんだけど、2割引のアナウンスについ買ってしまった。

この曲集が欲しいと思ったのは、加古 隆さんの「黄昏のワルツ」「パリは燃えているか」、大島ミチルさんの「風笛」が弾きたかったし、他にも気になる曲が収録されていたから。
この3曲、アレンジも良くって買って良かった。

「風笛」は以前に簡単アレンジの楽譜を入手して弾いたことがあったんだけど、この楽譜のアレンジは原曲に近く、宮本文昭さんのCDで聴いていたような響きがある。
複雑な音のイメージは、そのまま難しさにつながっているようで、最初の譜読みはかなり苦労した。
まだ完全に譜読みが出来ているわけではないけど、響きはちょっと楽しめるようになってきた。

NHKの番組はほとんど見ないので、「黄昏のワルツ」が良いなぁ と思ったのは、奥村 愛さんのコンサート。
ヴァイオリンとピアノでのこの曲の演奏はすごく良い!
原曲はピアノソロ だと思っているんだけど、もしかしたら違うのかな?

弾いてみると、この曲も良い。
弾きたい曲ばかりがどんどん増える。
レッスンでは現在のブラームスが終わったら蝶々をメインにフォーレ「言葉のない3つのロマンス第3番」を再開し、恐らくフォーレが先に終わるだろうから、その時に新しい曲を持っていく予定。
まだだいぶ先の話なので、その時になったらまた弾きたい曲が変わっているかもしれないな。
 

moreech at 22:19|PermalinkComments(0)

2013年08月13日

Traditional Songs

ずっと楽しみにしていたAuraの夏コンサート。
今回はヨーロッパと日本の民謡を中心とした、歌曲ばかりのコンサート。
実のところ、プログラムを見たときにこれまでとはちょっと違った内容で、一抹の不安があった。
日本の民謡って、正直好んで聴くジャンルじゃないんだよなぁ。

でも聴いてみると、しっかりAuraのサウンドになっていて、楽しめた。
そして曲紹介では、その曲の出身地のメンバーがその地の方言で紹介し、客席から笑いが起きた。
これまでにこのような事はなく、どちらかというと淡々と進行していく感じ。
もちろんそれでも楽しめるコンサートだし、なんといってもAuraの サウンドの素晴らしさには変わりはない。

でもアンコールの「春」を聴いたら、やっぱりAuraの真骨頂はこっちだな と。

お約束の。
130811_1

何も考えずに、持っていないCDを順番に買っているんだけど、このCDには今回のコンサートのプログラムにある曲が何曲か入っていたので、ちょっとビックリ。

別件でYouTubeを見ていたら、Auraも動画がアップされていることを知った。
昨年末で卒業された内野さんがいる時の動画、これは貴重。


 

この夏のコンサートは、オリジナルメンバーの佐藤さん最後のステージなので、是非YouTubeにアップして欲しいな。
 

moreech at 20:48|PermalinkComments(2)音楽 | コンサート

2013年08月04日

雑記

まずは1週間後。
待ちに待ったAura名古屋公演。
2013-0811_TraditionalSongs
楽しみぃ~

7月の初めぐらいからブラウザに頻繁に現れる警告メッセージ。
例えばこんな感じ。
2013-07
これは別のサイトへ誘導するための罠。
実際に感染しているわけではない。
他にも「ハードディスクがクラッシュ寸前です。」とか「システムの機能が低下しています。」とかでてきて、修復をうながすボタンが表示される。クリックしたら恐らく後で莫大な請求書が届いたりするんだろうな。
ハードディスクをフォーマットして再インストールをしないとダメかと思っていたけど、ほかのブラウザ(IEやChrome)では表示されないことに気付き、普段使いのSleipnirを完全アンインストールしてインストールし直したら出なくなった。
一安心。

1週間ほど前、仕事中にちょっとした段差を踏み外して足を捻ってしまった。
3日経っても腫れが引かなかったので病院へ行ったけど、診断の結果は異常なしだった。
単なる痛がりが暴露された。
おかげで労災扱いで災害件数1をカウントしてしまった。

痛みといえば右手手首。
「蝶々」を練習し始め、終始2-4指で4度や増4度を弾いていたら手首が痛くなってきた。
最近は腕にも痛みが・・・
足の捻挫でもらった湿布が余ってきたので手首に使っていたけど、効果はなかった。
練習している時も痛みはあるけど、弾けなくはないので練習をしていればその内治るだろう。
昨日のレッスンではやっと“レッスン”が始められたような感じ。
拍の頭で右手が入るタイミングが若干早く、その為落ち着いて聴けない と。
また、盛り上がる部分がきちんと盛り上がるように、ペダルを使ってちゃんと弾き分けるように と。
実はまだ弾くのに必死で、ペダルどころではないのだ。

昨日のレッスン。
そろそろブラームスを卒業できるかと思っていたけど、悲惨な結果に。
思うように弾けず、先生からも前回の方が良かった と言われる始末。
指摘されたところを練習し直し、録音してみた。
まだまだイマイチの部分が散見される。
現状  ブラームス交響曲第3番3楽章ピアノソロアレンジ

自分の録音を聴いて、本家本元(?)の加羽沢さんの演奏を久しぶりに聴いてみた。
練習を始めてから1度も聴いていなかった。
聴いてびっくり
同じ曲(アレンジ)とは思えない。
記憶って本当に曖昧。
今更加羽沢さんの弾き方に近づけるつもりはないので、このまま進めるつもり。
でももし加羽沢さんが聴いたらどう思うんだろう?
 

moreech at 14:31|PermalinkComments(0)

2013年07月28日

ご招待コンサート

岡田文化財団主催の読響コンサート、すごく良かったぁ!
オーケストラを聴くのはホント、久し振り。
と思っていたけど、同じこの“けんぶん”大ホールで三重フィルの「惑星」全曲を聴いたのって去年だったかな?
まぁ、いずれにせよ久しぶりには違いないな。

130728_1


プログラムを見て、指揮が小林研一郎さんと知る。
曲目もチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」や交響曲第5番、ショパンのピアノ協奏曲第1番と有名どころがばかり。
何より驚いたのが、ピアニストの小野田有紗さん。四日市出身らしい。
華々しい履歴の持ち主で、あの辻井伸行さんが師事した横山幸雄さんにも師事していたよう。
演奏も素晴らしかった!

130728_2


ご招待で勝手に割り振られた座席なので仕方がないのだが、最後列の1つ手前の席でちょっとがっかり。
横方向はほぼ中央(真正面にコンサートマスターが見える位置)で、通路横の席だったのでこれは嬉しかったけどね。

ピアノコンチェルトを聴くにはやはりちょっと遠い気がした。
ピアノの音がオケに負けてるように思えた。もっと近くだったらバランスよく聴けたのかな?
それにしても金管のトランペットとトロンボーンの音がやけに近くに聞こえた。
後ろの方だから座席位置が高く、金管の音が届きやすいのかと。
真ん中あたりだと頭の上を超えていく感じで、全体のバランスがちょうど良くなるのかな?
と、変なことばかり考えていた。

それにしても、たまに聴くフルオーケストラの迫力は圧巻!
普段は器楽曲を聴くことが多いからなぁ。

アンコール曲は「ダニーボーイ」。
前半は低音の弦が中心で、チェロが主旋律でコントラバスがサポートする感じで、この響きがなんとも素晴らしい。
後半のメロディはヴァイオリンで高音域。これまた素晴らしい。
管楽器がない完全な弦楽によるダニーボーイ。
もう一度聴きたいなぁ。
やっぱり私はクラシックよりこっち。

11月には日本センチュリー交響楽団で、チャイコフスキーの交響曲第6番とショパンのピアノコンチェルト第1番の演奏があるよう。
これも聴きに行きたいな。
ピアノ、小山実稚恵さんだし。
今度は奮発してS席を確保して聴きたいな。
 


moreech at 18:41|PermalinkComments(2)

2013年07月15日

3拍子

以前は3拍子、ワルツが苦手であまり弾こうとはしなかった。
けれどいつからか、3拍子の曲を選ぶ事が増えてきた。
ただ単に拍子を意識していないだけかもしれないが。

少し前に練習を始めたブラームスの交響曲第3番3楽章のピアノソロアレンジも、3拍子なんだなぁ・・・ 
こうして意識せずに選曲して、3拍子の曲を弾く機会が増えたこともあり、最近は苦手意識はなくなってきたと思える。
逆に3拍子好きになったような気もする。

先日のEテレ「ららら♪クラシック」で取り上げられたのが、エリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)」 。
曲自体は有名なので知っているけど、サティにの事ってフランスの作曲家ぐらいしか知らなかった。
サティは1900年代にも生きていて、映画にも出演し映像が残っているなど全くしらなかった。
動画でサティ本人を見ると、つい最近の人のように思える。
番組の詳細は 
http://www.nhk.or.jp/lalala/archive.html 

で、「ジュ・トゥ・ヴ」。聴くとやっぱり弾きたくなるもので、楽譜を探してもたら所有している音友の名曲集に載っていた。
で、昨日と今日弾いてみたんだけど、ハマりそう。
アクセントの位置がコロコロ変わって、3拍子は3拍子なんだけど、単純な3拍子じゃなくて、この変拍子感(ちょっと違うか!)にハマりそう。
 
ブラームスが仕上がったら、フォーレの3つの無言歌をやり直そうかと思ってたけど、サティに流れるかも?
 

moreech at 20:18|PermalinkComments(2)

2013年07月07日

レッスンとデジモノ

全く関係ないように思えるが、実は全く関係ない。 って、ハナっからオヤジギャグ炸裂!

昨日はレッスン。
ブラームスはいい感じに仕上がってきた つもりだったんだけど、先生のところで弾いたら全然ダメ。
前回のレッスンの時にAuraのCDを無理やりお貸ししていたのを返していただくため、奥の部屋に戻って行かれた時に「このスキに練習しよう!」って弾き始めたら、やけに鍵盤が重く感じて思うような音が出てくれない。
最初の3小節を2~3回弾いて、ようやく感じがつかめた。
レッスンの時もまずまず だったけど、主旋律の部分と中間部のリズムの取り方を指導された。
主旋律と同じように3拍子で取るのではなく、1小節を1拍子として感じるように弾くと、変化が出て良い ということだけど、不器用な私には難しい。

「蝶々」は今回も最後まで弾ききることはできなかった。
ちょうど半分ぐらいまでで止められた。
右手がまだ“チャンチャチャ”と後半の2つの音をはっきり弾きすぎている ということと、このパターンが変わる部分を違うことがわかるように弾き分けること。
そして右手の1拍目にアクセントをつけようとして一緒に左手の1拍目と3拍目にアクセントがついて、2拍子になっていない と。
課題満載。 

ところで、ケータイとかスマホにBluetooth(ブルートゥース)という通信機能がある。 
これって対応のキーボードやヘッドフォン、ヘッドセットなどを無線でつなぐものだと思っていたけど、データの通信もできることを最近知った。
とりあえず、スマホとタブレットをBluetoothでつないで写真の送受信に成功。
これがすごく便利で、こうなってくるとモバイル機器とパソコンを直接つなぎたくなってくる。
これまでは、ネットワーク接続のハードディスク(NAS)経由でデータのやり取りをしていたが、ワンクッション置く必要がなくなる。
それがこれ。
 130707_2
130707_1

なかなか便利ですよ。



moreech at 22:42|PermalinkComments(0)

2013年07月06日

スマホかパソコンか

昨年スマホデビューして13ヶ月が経った。
スライドのフルキーボード付きで、発売されてから時間が経っていて安くなっていたので選んだんだけど、すごく気に入っている訳ではなかった。
ということもあって、本体を替えたいと思っているんだけど、通信の定額を申し込まないと割引が適用されないので本体の定価分を支払わなければならない。
スマホを定価で買おうとすると8万円ぐらいする。
機能から考えればボッタくった価格でないことはわかるが、割引を適用した価格と比較すると素直に支払う気になれない。
それでもやむを得ないかと、買い替えを真剣に考え始めていた。

そんな時、テレビのアナログ地上波放送が終了してから、パソコンのテレビチューナーを変えていなかったので、この夏ボの機会に地デジチューナーを買ったんだけど、グラフィックボードとディスプレイが対応していなくて、ディスプレイをアナログで接続しなければ見られないことがわかった。
とりあえずはパソコンで地デジが見られるし録画もできるので問題はないけど、今のシステムにして4年が経つし、4年前に更新したのも中古で組んだのでそろそろ新しいパソコンに替えてもいい時期ではある。

そこでスマホで8万円だすのならパソコン(デスクトップの本体のみ)を買った方が良いかと思うようになってきた。
もっとも本体だけ替えてもディスプレイを替えなければ地デジチューナーの本領を発揮することはできないのだが。 
 
さて、どう判断するか。
決めるにはまだ時間がかかるかな?
 

moreech at 20:46|PermalinkComments(0)