2012年09月04日

ランチタイムコンサート

名古屋市栄の宗次ホールで、三重県いなべ市出身のヴァイオリニスト花井悠希さんと作曲家でピアニストの林そよかさんのコンサートを聴いてきた。
このお二人のコンサートは、昨年の四日市文化会館で開催されたワンコインコンサート以来。
twitterで三重県出身だと知って、コンサートに行った。
それから林そよかさんのファンに。

前回はさだまさしさんの曲がすごく印象に残っていて、花井さん=さだまさしさん のイメージを作ってしまっていた。
でも今日はクラシック曲ばかりのプログラム。
愛の挨拶に始まって、クライスラーやモーツァルト、ドビュッシーやドヴォルザークなどなど全11曲。
曲名を聴いて知らないと思ったのは7曲。

知らないと思っていた中で、ピアソラの「アヴェ・マリア」は聴き覚えがあった。
どこで誰の演奏で聴いたのかしばらく考えていて、“もしかしたら四日市のワンコインコンサート?”と思い当たった。
どちらも花井さんだし。
家に帰って去年のプログラムを引っ張り出してみたらビンゴ
やっぱり花井さんの演奏で聴いていたのだった。
ピアソラのアヴェ・マリアも良いなぁ。

もう1曲、今日聴いていいと思ったのがショスタコーヴィチのワルツ第二番(ジャズ組曲より)だった。
これまでのショスタコーヴィチの印象とは違って、どこか日本的なイメージがところどころに見えて、興味を持って聴けた。
“へぇ~ こんな曲もあるんだぁ”なんて思っていたんだけど、去年のプログラムを見たら、ピアソラと一緒に載っていた。
四日市でも聴いていたんだぁ。

アンコールはさだまさしさんの「北の国から」。
このピアノ伴奏アレンジがすっごく良い!!
残念ながら、アレンジはそよかさんではないらしいけど。

ということで、お約束の
120904_02



moreech at 18:41│音楽 | コンサート