リフレッシュ休暇 6日目リフレッシュ休暇 10日目

2012年10月19日

リフレッシュ休暇 9日目

速いなぁ~ もう9日も休暇を過ごしてる。
いろいろすることが多く、昼間外出しなかったのは今日が初めて。
外出はしないものの、先日の星空コンサートのホームページを作ったりしていたので、のんびりモードも50%OFFって感じ。
夜は来週予定している写生大会の会議で出かけないといけないし・・・

ところで、一昨日は今年から参加している郷土資料保存会の研修旅行に参加させてもらった。
保存会の顧問(?)になっている市会議員さんや自治会長さん4名を含んで総勢24名でバスを借り切って福井県今庄宿へ。
“今庄宿”ってなんとなく名前は聞き覚えがあったけど、行ったことがないしどんな所か予備知識なしで参加。

今庄は江戸時代宿場町として栄え、今も当時の建物が存在する、歴史のあるまち。
121017_02

修復されている部分もあるけど、当時の旅籠として現存するのはこの地区ではここだけだそうだ。
NPO団体やボランティアの人たちで、歴史を語り継いだり存続のために活動をされているとのこと。

こちらは別の建物なんだけど、この囲炉裏の雰囲気が気に入ったので。
121017_03

1時間ほどまちなみをボランティアガイドの方の説明を聞きながら見学。
途中作り酒屋さんもあり、本当なら蔵の見学も出来るらしいんだけど、渋滞などで到着が1時間遅れとなり、残念ながらちょっと店先に立ち寄っただけで終わり。
本当はここに一番時間をかけて、試飲をして清酒を買いたいと思っていたんだけどなぁ・・・

今庄を見学した後は敦賀へ。
お昼は“やべ清”というところでいただいた。
北陸と言えば大方の人が期待するであろうカニはなく、“カニクリームコロッケ”が・・・
121017_05

食べ終えた頃には、目の前にビールの空き瓶が5本並んでいた。
私の周りにいた4人分なんだけど、一人は全然飲まなかったし、他の人もあまり飲んでいなかったような・・・
ま、中身の行方についてはあまり深く考えないことにしよう。

敦賀では「人道の港 ムゼウム」という資料館を見学。
ポーランドの孤児やユダヤ難民を救うため、国に背いてビザを発行し6000名の命を救ったと言われる杉原千畝氏に関する内容となっている。大雑把にいって。
121017_04

ポーランドというとどうしてもショパンが思い浮かぶけど、この難民たちが敦賀に来たのはショパンの死後60年ほどしてから。
ショパンに関するモノは、ここにはなにもない。当然か!

今回の研修旅行とは関係ないんだけど、書きたいことがある。
だけどそれはまた改めて。

さて、明日はいよいよ東京都ティアラこうとうでの加羽沢さんのコンサート。
日帰りなのでゆっくりはできないけど、この休暇での最大の楽しみ。
そして明後日は全国ファミリーコンクールinよっかいちの決勝戦。
その翌日は郷土資料館の展示品整理。
まだまだ予定はあるので、ゆっくりできるのは最後14日目の1日だけになりそう。

2週間・・・ 短いな。


moreech at 17:29
リフレッシュ休暇 6日目リフレッシュ休暇 10日目