リフレッシュ休暇 11日目リフレッシュ休暇 12日目

2012年10月21日

休暇10日目の続き

東京に着くまでの新幹線車内の事や東京駅から総武線に乗ったときのトラブルなど、詳細に書き始めるとキリがないので1つだけ。
東京駅から総武線の乗り場にようやく着いて、乗った電車が逆方向だった事件がありました。

今回のコンサートは小ホール。
小ホールって思った以上に小さかった。(笑)
ホールの形をしたサロンって感じ。

今回の席は知人にお願いしていたんだけど、送付されたチケットを見たら最前列!
実際にその席に座ると、ピアノのイスまで直線距離で3m無いほどの近さ。
指の動きが手のひら側からよく見えて感激!

121020_03

ハイビスカス?っぽい花柄の華やかな衣装で登場した加羽沢さん。
1曲目はショパンメドレー。
FM-NHKの名曲リサイタルのコーナーでも演奏されたけど、その時とはアレンジがちょっと違っていて、新鮮味があった。
ラジオやCD、あるいは以前のコンサートで聴いた曲でも、毎回違うのは加羽沢さんだからこそ かな?


演奏が始まる少し前、マネージャーさんかな?
ピアノの譜面台に今日のプログラムを1枚置いた。楽譜じゃなくてプログラム。
演奏する曲名だけ分かれば、その日のコンサートは成立するんだ と感心していた。

今年はデビュー15周年とのことで、これまでに加羽沢さんが手掛けてきた曲、オリジナルやJ-POPとクラシックのアレンジ曲、映画音楽などファンにとってとても嬉しい選曲。
またトークもいつも以上に多くて初めて知った事もたくさんあった。
一部の最後は恒例リクエストによる即興演奏。
今日はリクエスト出来て、ちゃんと弾いてもらえた。
つい最近まで練習してきた「ハナミズキ」。
楽譜で出版されているアレンジとは違って、とても良かった。

二部は紫色のシックな感じのドレスで、「誰もいない海」からスタート。
アンコールでは、つい最近レコーディングが終わったばかりの「24のプレリュード」から「イ長調」と「変ロ長調」の2曲を演奏された。
勿論、世界初演。
個人的には変ロ長調の方が気に入った。
曲調もそうだけど、ゆったり目でなんとかなりそうな感じ。
もう楽譜が出版される前提で書いてるけど。
サイン会の時に聞いたら、楽譜出版もありそうな印象を持ったけど、実際のところはどうなんだろうな。
春先には何らかの情報が入る事を期待してる。


今回のコンサートでいつもと違うと感じたのが、曲紹介。
オリジナル曲ばかり ってこともあるかも知れないけど、作曲のポイントなど実際にモティーフを左手で弾きながら(右手はマイクを持っている)丁寧に説明してくれて、これだけでも来た価値がある と思った。
作曲者が作曲のいきさつなど直接話してくれるのだ。これって貴重ですよ。

ではお約束の1枚。

121020_05

楽譜を差し出したとき、「うわぁ!いっぱい練習してる!」って言ってもらったのが嬉しかったなぁ。
これでリクエストした理由を理解してもらえた かな?(笑)
時間が許されるなら、まだまだ話したかったなぁ。

CDは今年発売されたオリジナルベストアルバム 夢の扉。


今回はもう1枚。
121020_06





moreech at 22:40│音楽 | コンサート
リフレッシュ休暇 11日目リフレッシュ休暇 12日目