2011年07月

2011年07月30日

コンサート月間

知人が所属している合唱団でピアノをされている方が、コンサートをされるとの事でお誘いを受けた。[:にこっ:] 今月は既に3回、毎週のようにコンサートに出かけているので、家族の手前ちょっと迷ったんだけど結局行ってしまった。[:にかっ:] 四日市文化会館の正面にある第一楽器のホール“ムーシケ”で、5日連続のピアノコンサート「ピアノウィーク イン ムーシケ」の最終日で、阪本牧子さんの演奏。 リストの「愛の夢」、ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」、スクリャービンの「ソナタ作品30」、そしてムソルグスキーの「展覧会の絵」全曲。 悲愴ソナタはベートーヴェンのソナタでは一番好きで、2楽章と3楽章は以前練習していたこともある。 もちろん弾けないんだけど。[:汗:] 久し振りに通して聴いたけど、やっぱり良いなぁ。[:にこっ:] こうして聴くと弾きたくなってくる。 落ち着いたら挑戦してみようかな。 スクリャービンはこう言う機会じゃあないとまず聴くことはない。 ほぼ初めてに近いかな? 真剣に聴いたの。[:にぱっ:] 好んで聴こう! って気にはなれないけど、悪くない。 (なんてエラっそうなコメント[:汗:]) 「展覧会の絵」もたぶん生で全曲聴くのは初めてだと思う。 プロムナードでいきなりド肝を抜かれたけど、とても迫力のある演奏だった。 良い席で聴けたこともあるけど、やっぱり生演奏は良い![:にぱっ:] 来週も気になるコンサートが・・・ 困った。

2011年07月24日

クロネコ ファミリー コンサート「音楽宅急便」

ネットで応募し、抽選(?)に当たった「クロネコ ファミリー コンサート 音楽宅急便」。 飯森範親指揮 名古屋フィルハーモニー交響楽団の演奏会に行ってきました。 自宅に送られてきたのは整理券で、コレを当日座席指定券に交換しなければならない。 引き換え開始は13:30から。 開演は16:00。 出来れば良い席を取りたいけど、開演までの時間もあるので、13:30過ぎ到着を目指して自宅を出た。 予定通り13:35に到着したけど、既に長蛇の列。[:ぎょーん:] 30分ほど並んで入手したのが“と”列29番。 座席表で確認すると、1階席の最後列。[:汗:] 会場の桑名市民会館内の喫茶店で時間を潰し、開場の15:15に会場に入り席についた。 2階席がオーバーハングになっている一番奥。 最後列の座席の後ろは通路ではなく壁。 2階席が有る分、天井はとても低い。 続きを読む

2011年07月18日

音楽宅急便

いつだったか、はっきり覚えていないけど5月ぐらいだったかなぁ。。。 新聞の広告欄に「クロネコヤマト ファミリー コンサート」というのがあった。 葉書かネットで応募し、抽選で当選者に招待券を送付 というものだった。 と思う。[:汗:] お隣の桑名市の開催だし、名古屋フィルだし、飯森範親さんだし、無料だし[:にかっ:] ということで、即応募。[:にぱっ:] それからどれだけ経ったのか分からないし、応募したこともすっかり忘れていた。 そして今日、クロネコヤマトのメール便が届き、中から出てきたのがコレ[:下:] 応募したことも忘れていたので当然コンサートの日程も覚えているはずがなく、見てみると今度の日曜日になっている。[:ぎょーん:] 特に予定はなかったので行けるけど、せめてもう少し早くに案内できなかったんだろうか? 指定席券の交換は13:30からとなっているけど、開演は16:00。 折角なので良い席で聴きたいけど、良い席をゲットするには早く行かないといけないし、早く行けば時間をもてあます・・・ 対策を考えなければ!

moreech at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2011年07月16日

奥村愛&上松美香デュオコンサート

昨日は労働組合主催のセミナーに参加。 年金などこれまでよくわかっていなかったことが理解でき、久し振りに有意義なセミナーだった。[:にぱっ:] セミナー終了後は懇親会があって只酒が飲めるはずだったんだけど、4月に買ったコンサートのチケットがあったので、懇親会はパス。 ビールが飲めなかったのは残念だったけど、やっぱりコンサートに行って良かった。[:にかっ:] 実に楽しいコンサートだった。[:チョキ:] セミナーが終わったのが16:40ぐらいで、会場の四日市文化会館まではそこから歩いて5分もかからない。 近くの本屋さんで時間をつぶし、17:20ぐらいに早めの夕食。 文化会館についたのが、開場10前。 着いて驚いたのが人の多さ! 建物の外まで行列が出来ている。[:ぎょーん:] 奥村さんと上松さんのコンサートのお客さん  ではないと直感できたけど[:汗:]、なんだろう? と思って行列の始まり、第1ホールを見ると“ユニコーン”の文字が目に入った。 うん。納得。[:にかっ:] さてお目当てのコンサートは5分遅れでスタート。 まずは「キャロランズ・コンチェルト」という曲。ヴァイオリン、アルパ、ギターの編成。 驚いたのは1曲目が終わった直後、上松さんがアルパのチューニングを始めたんだけど、ひとつの弦を半音上げた。 曲間のチューニングは弦楽器にはつき物だけど、半音も狂うのか? とビックリ! でもその後は、そのようなチューニングをするシーンはなかった。 続きを読む

2011年07月09日

譜めくり

タブレットPCを買って1月半ぐらいになる。 購入目的のひとつ、楽譜を保存しフットスイッチでページをめくってピアノを弾く というのがあった。 すぐにフットスイッチは入手したものの、思うようにいかずこの思惑は頓挫。 しばらくこの事から遠ざかっていたんだけど、ふとしたきっかけでまた考え始めた。 それは“フリック”というタブレットの機能の一つ。 フリックとは、画面に触れたペンや指を少しだけスライドさせる操作のこと。特にWindowsでは、画面上を素早く払うようにタッチする操作を差す。(WEBページからの引用) これを利用して、インターネットブラウザでは左にフリックするとページが進み、右にフリックすると戻る。 これで「PDFじゃなくてHTMLにすれば良いんだ!」と気付いた。 で、さっそくホームページビルダーで作ってみたけど、このフリックが上手く使えない。[:汗:] 成功の確率が低すぎる。 演奏中は一瞬で成功しなければやり直しができない。 そして、「ページを進めるだけならハイパーリンクで次のページにリンクすれば良いんだ」と気付く。 で、こうなった。 (MP4の動画です。環境によっては観られないかもしれませんのでご容赦を!) どうです? これなら使えそうでしょ?(笑) 続きを読む

moreech at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)デジモノ 

2011年07月08日

あと16日・・ なんだぁ。

久し振りにパソコンでテレビソフトを起動。 なんと! でっかくアナログ放送終了までのカウントダウンが表示されてる![:にかっ:] 昨年地デジ対応の液晶テレビを買ってから、パソコンでテレビを視聴することが減った。 パソコンは2005年に買ったテレビキャプチャーボードしか付いていないので。[:汗:] 本当はこの春ぐらいには、地デジ対応のテレビキャプチャーボードとCPRM対応のDVDドライブを買う予定だった。 が、その頃にWindows7のタブレット発売のニュースを見たので、気持ちが変わった。[:にかっ:] テレビキャプチャーボードを買わなかったのは、PCIExpressのスロットに空きがない と言うのもひとつ理由。 x1のスロットが1つしかなくて、今はサウンドボード(オプティカルの音声入力付き)が刺さっている。 なので、まずはサウンドボードを変えてからキャプチャーボード と考えていたら、余計に実現できなくなった。[:にかっ:] まぁ、デジタルの映像になるときれいだけど恐らく融通が利かなくなると思われるので、余裕ができたら考えよう。 なんて思っていると実現しないものだけど。[:にかっ:] さて、アナログ放送終了のカウントダウン。 3日ぐらい前からスクリーンショットで残しておこうかな。 記念に。 もう2度とないだろうから。[:にかっ:]