2013年07月

2013年07月28日

ご招待コンサート

岡田文化財団主催の読響コンサート、すごく良かったぁ!
オーケストラを聴くのはホント、久し振り。
と思っていたけど、同じこの“けんぶん”大ホールで三重フィルの「惑星」全曲を聴いたのって去年だったかな?
まぁ、いずれにせよ久しぶりには違いないな。

130728_1


プログラムを見て、指揮が小林研一郎さんと知る。
曲目もチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」や交響曲第5番、ショパンのピアノ協奏曲第1番と有名どころがばかり。
何より驚いたのが、ピアニストの小野田有紗さん。四日市出身らしい。
華々しい履歴の持ち主で、あの辻井伸行さんが師事した横山幸雄さんにも師事していたよう。
演奏も素晴らしかった!

130728_2


ご招待で勝手に割り振られた座席なので仕方がないのだが、最後列の1つ手前の席でちょっとがっかり。
横方向はほぼ中央(真正面にコンサートマスターが見える位置)で、通路横の席だったのでこれは嬉しかったけどね。

ピアノコンチェルトを聴くにはやはりちょっと遠い気がした。
ピアノの音がオケに負けてるように思えた。もっと近くだったらバランスよく聴けたのかな?
それにしても金管のトランペットとトロンボーンの音がやけに近くに聞こえた。
後ろの方だから座席位置が高く、金管の音が届きやすいのかと。
真ん中あたりだと頭の上を超えていく感じで、全体のバランスがちょうど良くなるのかな?
と、変なことばかり考えていた。

それにしても、たまに聴くフルオーケストラの迫力は圧巻!
普段は器楽曲を聴くことが多いからなぁ。

アンコール曲は「ダニーボーイ」。
前半は低音の弦が中心で、チェロが主旋律でコントラバスがサポートする感じで、この響きがなんとも素晴らしい。
後半のメロディはヴァイオリンで高音域。これまた素晴らしい。
管楽器がない完全な弦楽によるダニーボーイ。
もう一度聴きたいなぁ。
やっぱり私はクラシックよりこっち。

11月には日本センチュリー交響楽団で、チャイコフスキーの交響曲第6番とショパンのピアノコンチェルト第1番の演奏があるよう。
これも聴きに行きたいな。
ピアノ、小山実稚恵さんだし。
今度は奮発してS席を確保して聴きたいな。
 


moreech at 18:41|PermalinkComments(2)

2013年07月15日

3拍子

以前は3拍子、ワルツが苦手であまり弾こうとはしなかった。
けれどいつからか、3拍子の曲を選ぶ事が増えてきた。
ただ単に拍子を意識していないだけかもしれないが。

少し前に練習を始めたブラームスの交響曲第3番3楽章のピアノソロアレンジも、3拍子なんだなぁ・・・ 
こうして意識せずに選曲して、3拍子の曲を弾く機会が増えたこともあり、最近は苦手意識はなくなってきたと思える。
逆に3拍子好きになったような気もする。

先日のEテレ「ららら♪クラシック」で取り上げられたのが、エリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)」 。
曲自体は有名なので知っているけど、サティにの事ってフランスの作曲家ぐらいしか知らなかった。
サティは1900年代にも生きていて、映画にも出演し映像が残っているなど全くしらなかった。
動画でサティ本人を見ると、つい最近の人のように思える。
番組の詳細は 
http://www.nhk.or.jp/lalala/archive.html 

で、「ジュ・トゥ・ヴ」。聴くとやっぱり弾きたくなるもので、楽譜を探してもたら所有している音友の名曲集に載っていた。
で、昨日と今日弾いてみたんだけど、ハマりそう。
アクセントの位置がコロコロ変わって、3拍子は3拍子なんだけど、単純な3拍子じゃなくて、この変拍子感(ちょっと違うか!)にハマりそう。
 
ブラームスが仕上がったら、フォーレの3つの無言歌をやり直そうかと思ってたけど、サティに流れるかも?
 

moreech at 20:18|PermalinkComments(2)

2013年07月07日

レッスンとデジモノ

全く関係ないように思えるが、実は全く関係ない。 って、ハナっからオヤジギャグ炸裂!

昨日はレッスン。
ブラームスはいい感じに仕上がってきた つもりだったんだけど、先生のところで弾いたら全然ダメ。
前回のレッスンの時にAuraのCDを無理やりお貸ししていたのを返していただくため、奥の部屋に戻って行かれた時に「このスキに練習しよう!」って弾き始めたら、やけに鍵盤が重く感じて思うような音が出てくれない。
最初の3小節を2~3回弾いて、ようやく感じがつかめた。
レッスンの時もまずまず だったけど、主旋律の部分と中間部のリズムの取り方を指導された。
主旋律と同じように3拍子で取るのではなく、1小節を1拍子として感じるように弾くと、変化が出て良い ということだけど、不器用な私には難しい。

「蝶々」は今回も最後まで弾ききることはできなかった。
ちょうど半分ぐらいまでで止められた。
右手がまだ“チャンチャチャ”と後半の2つの音をはっきり弾きすぎている ということと、このパターンが変わる部分を違うことがわかるように弾き分けること。
そして右手の1拍目にアクセントをつけようとして一緒に左手の1拍目と3拍目にアクセントがついて、2拍子になっていない と。
課題満載。 

ところで、ケータイとかスマホにBluetooth(ブルートゥース)という通信機能がある。 
これって対応のキーボードやヘッドフォン、ヘッドセットなどを無線でつなぐものだと思っていたけど、データの通信もできることを最近知った。
とりあえず、スマホとタブレットをBluetoothでつないで写真の送受信に成功。
これがすごく便利で、こうなってくるとモバイル機器とパソコンを直接つなぎたくなってくる。
これまでは、ネットワーク接続のハードディスク(NAS)経由でデータのやり取りをしていたが、ワンクッション置く必要がなくなる。
それがこれ。
 130707_2
130707_1

なかなか便利ですよ。



moreech at 22:42|PermalinkComments(0)

2013年07月06日

スマホかパソコンか

昨年スマホデビューして13ヶ月が経った。
スライドのフルキーボード付きで、発売されてから時間が経っていて安くなっていたので選んだんだけど、すごく気に入っている訳ではなかった。
ということもあって、本体を替えたいと思っているんだけど、通信の定額を申し込まないと割引が適用されないので本体の定価分を支払わなければならない。
スマホを定価で買おうとすると8万円ぐらいする。
機能から考えればボッタくった価格でないことはわかるが、割引を適用した価格と比較すると素直に支払う気になれない。
それでもやむを得ないかと、買い替えを真剣に考え始めていた。

そんな時、テレビのアナログ地上波放送が終了してから、パソコンのテレビチューナーを変えていなかったので、この夏ボの機会に地デジチューナーを買ったんだけど、グラフィックボードとディスプレイが対応していなくて、ディスプレイをアナログで接続しなければ見られないことがわかった。
とりあえずはパソコンで地デジが見られるし録画もできるので問題はないけど、今のシステムにして4年が経つし、4年前に更新したのも中古で組んだのでそろそろ新しいパソコンに替えてもいい時期ではある。

そこでスマホで8万円だすのならパソコン(デスクトップの本体のみ)を買った方が良いかと思うようになってきた。
もっとも本体だけ替えてもディスプレイを替えなければ地デジチューナーの本領を発揮することはできないのだが。 
 
さて、どう判断するか。
決めるにはまだ時間がかかるかな?
 

moreech at 20:46|PermalinkComments(0)