2014年01月

2014年01月25日

飛べない蝶々

「蝶々」はショパンのエチュード25-9 変ト長調。
6つのフラットには慣れたけど、全然曲になっていかない。
指を広げないと弾けないので力が入ってしまい、指定されている“p”にならず、全部フォルテになっているという指摘と、3つの音のスラーが繋がっていないと言われ、それを意識して練習していたら、頭にアクセントがないし、スラーのあとのスタッカートが繋がってしまっている、 と。
どうも両極端になってしまうようだ。

難しいのは承知の上で挑戦したけど、難し過ぎる。
ついには「この曲、どうしましょうねぇ」と言われる始末。(笑)
とりあえず、もう少しあがいてみる と答えておいた。

フォーレの「言葉のない3つのロマンス 第3」はもう少し。
得意 というか、自分にあっていると思える。
蝶々はこれまで弾いたことがないタイプの曲だから、余計に弾けないんだろうな。


鍵ハモ。
相変わらず息が続かないけど、小さい音が少し出るようになってきた。
自分では音の幅ができてきたのではないか と思っている。

エオリアンハープはCDに合わせて練習しているので、どう弾けば良いかなんとなくわかるし、練習のポイントも絞り込める。(気がするだけかも

めぐり逢いは元々フルートの楽譜だし、模範演奏もないのでまるっきりの自己流で、ポイントがイマイチよくわからない。

誰かアドバイスしてくれる人、いないかなぁ・・・

 


moreech at 22:27|PermalinkComments(2)レッスン 

2014年01月04日

新しい年は新しいスマホで

ということで、元日にスマホを機種変更した。
120101_3

一昨年買った初めてのスマホは、スライドのQWERTキーボードがあるということで選んだけど、実際に使いいろんなアプリを使い始めると、メモリーの少なさが使い勝手を致命的に悪くしていることがわかった。
スマホはアプリを使わなければ意味がないと思う。
大量なアプリを使うということではなく、自分にとって必要な複数のアプリが快適に使えることが1番だと実感。
ゲーム機としてスマホを使うのはもったいないと思っているので、そこそこのメモリーがあれば十分だと思っていたけど、twitterやFacebook、LINEなど今流行りのアプリもインストールしきれないようでは話にならない。
インストール済アプリの更新のためのメモリー容量が不足し、更新ができないというメッセージが毎日のようにでるようになった先月から、真剣に変えることを考え始めていた。

狙っていたのはSONYのXPERIA。
海外メーカー製のWindowsタブレットやNexus7を使い、日本製のスマホと比較してみると、やはり日本製の品質の高さに安心感が持てる。
そして、ウォークマンアプリが使えるXPERIAに的を絞っていた。
あとはディスプレイの大きさ。
現在は大型化が進んでいるようで、5インチが標準のようになっているようだ。
だけど個人的には、タブレットもあるしスマホは4~4.4インチで十分という思いが有り、これに該当するのはdocomoのXPERIA Z1fしかないのだが、今の2年縛りが解けるのが今年6月なので、待つか5インチで妥協するか 迷っていた。

そんな時に見つけたのが、auの機種変10,500円引きのキャンペーン。
店頭で実際に触ってみて、5インチの大きさにはやはり抵抗はあったけど、機種変での割引はあまり見かけなかった。(これから頻繁にあるかもしれないけど ^^;)
このチャンスに乗っかるのも良いか?! と、最新のXPERIA Z1とZ1の半年前の機種ULで考え始めた。
スペックでは明らかにZ1。しかし価格差は30,000円。 
スペックか価格か散々迷ったけど、Z1と比較すればULは見劣りするけど、今使ってるスマホと比較すればULははるかに高スペック!
ということで、1つ古い機種にすることにした。
上の写真は買ってアカウントとSNSアプリをした状態で、最初の充電中。

Amazonでみつけたカバーと、画面の保護シートを貼り、必要なアプリをインストールし、使う頻度でショートカットの配置を決め、一応のカスタマイズ完了。
140104_23

カバーはAmazonで一目見て気に入って買ったんだけど、こうして見ると少々女子っぽい かな?
でも、ま、いいか! 

二つ並べてみると、画面の大きさの違いがよくわかる。
140104_4

今回の方が大きいけど、スライドのキーボードがない分、厚みは2/3ほどに薄くなっているし、明らかに軽い。
サクサク動いてくれるので、嬉しい。
ただやっぱり“XPERIA”というブランドのせいか、オリジナルな部分があって馴染めないところもある。
まぁこれは使う人の好みによるトコロが大きいので、私の好みにちょっと合わない ってこと。
恐らく完璧に好み通りの機種などありはしないだろうから、好みのアプリを見つけるなどして、自分用にカスタマイズしていけばいいこと。
今回のはメモリーも十分あるし(現在残り10GB)、OSのヴァージョンも4.2なので使いやすそうだし。
タブレットは4.4にアップデートして失敗したからなぁ・・・

なんにせよ、快適快適!
 



moreech at 17:02|PermalinkComments(0)デジモノ 

2014年 新年のスタート

あけましておめでとうございます。
今年もmo'ryuBlogをよろしくお願いいたします。
120101_1
最近は和菓子でスタートするのがこのブログのスタイル。

お正月は夜更かしして朝のスタートが遅くなり、親元へ年賀に行っては腹いっぱいご馳走になって帰り、録り溜めていたビデオを見て過ごしていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。

さて、2014年をどのように過ごすのか、どうしたいのか 念頭に当たり記録しておこう。
まずはピアノ。
現在取り組んでいるショパン・エチュード「蝶々」は、できればGWぐらいには仕上げたい。
昨年最後のレッスンから丁度1週間経った今日、やっと練習できたけど先はまだまだ見えてこない。
もう1曲、フォーレの「言葉のない3つのロマンス」第3番はあと3回ぐらいのレッスンで仕上げたい。
あと3回だと3月ぐらいになるかな?
フォーレが終わったら、またクラシックから離れてポピュラーにしようかと思っているけど、もう少しクラシックで粘るかも。
クラシックのレッスンを受けていれば、ポピュラーは独りでも弾けるような気がするようになってきた。
実際には弾けているのかどうか、甚だ怪しいが・・・

そしてやはり音楽になるけど、今年は鍵盤ハーモニカに取り組みたいと思っている。
鍵ハモは“鍵盤”楽器ではなく“吹奏”楽器だと、演奏してみて実感する。
息遣いでフレーズを作っていく感じは歌う感覚に近く、メロディラインをきれいに歌う練習にすごく良いように思う。
ピアノで弾くフレーズ感は、少々長くても作れないことはないけど、鍵ハモだとそうはいかない。
ロングブレスができないと、作りたいフレーズが作れない。
練習してロングブレスが出来るようになってくれば、副産物としてダイエットになるかも・・・
今はCDと合わせて練習をしているけど、アンサンブルができるようになれば、もっと楽しみが増えるだろう。
そうなりたいと思う。

地域の各種団体での活動だが、今年も役割が減ることはないと思われるので、昨年並に時間を取られることになるだろう。
大変ではあるけど、ちょっとした楽しみもあり(それがなければ誰もしないだろうけど)、出来るだけのことはやっていこうと思っている。


いつもながらに取り留めのない事ばかり書いたけど、今年1年、平穏で明るく楽しい年であることを願う。
一人で出来ることはタカが知れているので、周囲にいてくださるみなさんと一緒に協力をしながら、良い年にしていければいいなと思います。

今年もよろしくお願いいたします。





moreech at 16:10|PermalinkComments(9)雑記