2012年01月22日

ニューイヤーコンサート in 香芝市モナミホール

120122_2

1年ぶりの加羽沢さんのコンサート。
今回は奈良県香芝市にあるモナミホール。

気合を入れすぎて早目に出かけたら、開演の約2時間前に到着。
で、付近を散策していたら、ホールの裏手にはこのような治水公園があり、とても良い雰囲気。

120122_1

ホールの入り口はこんな感じ。

今日のコンサートは残念ながらソロではなく、前半は“アートノームアンサンブル”8人による室内楽。
トランペット×2、トロンボーン、ホルン、ファゴット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノというちょっと珍しい組み合わせ。
金管が4つもあるとヴァイオリン1台では、少々バランスが悪いようにも思えたけど、聴いているとなかなか良い!
「ニューイヤーコンサート」ということで、曲目も「美しく青きドナウ」「雷鳴と雷光」「皇帝円舞曲」など聴き馴染みのある曲ばかりで、とても楽しめた。

第2部はお待ちかねの加羽沢さんとチェン・ミンさん。
大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のテーマでスタート。
昨年秋の星空コンサートで、私のピアノと梁天仁さん、そしてその生徒さんたちでこの曲を演奏させてもらったし、今ピアノソロ曲も練習しているのでとても興味深く聴いた。
Chisa&Minoも良いけど、Chen&MinoのCDも発売して欲しいな。

加羽沢さんのソロは、アレンジもので「星に願いを」「アランフェス協奏曲」の2曲。
そして恒例のリクエストコーナー。
加羽沢さんのオリジナル曲が2曲リクエストされ、「加羽沢美濃さんは人気ありますね」と自分で言って会場を沸かせていたけど、やっぱり皆が知っている曲の方がこのコーナーは盛り上がると思う。
本人もそう言っていたけど。
ファンとしてはオリジナル曲が聴けるのは、非常に嬉しいんだけどね。正直なところ。

コンサート最後の曲はショパンの「別れの曲」をピアノ&二胡で。
この演奏、素晴らしかった!
やっぱりCDが欲しいな。

サイン会では少しだけど話もでき、やっぱりコンサートに行けて良かったと改めて思った。
最後はお約束の
120122_3

CD「Piano Classic Fantasy」は初めてのコンサートでも買ってサインをしてもらったので、これで2枚目。

 

moreech at 22:39│音楽 | コンサート

この記事へのコメント

1. Posted by みほ   2012年01月23日 23:38
こんばんは。
 
奈良までいかれたのですね^^
加羽沢さんのアレンジ、素敵ですよね。
星に願いをのアレンジもすごく素敵でした。

きっと難しいんだろうな~。
でも弾いてみたいって気になりますよね笑

そして弾きながら願い事、叶えたいな~(^-^)
2. Posted by moreech   2012年01月25日 21:52
みほさん

そうなんです。少ないチャンスを活かすためには、奈良なら喜んで行きます。(笑)

加羽沢さんのアレンジ、確かに難しいものもたくさんありますが、挑戦してみないことには弾けるか弾けないのか分からないので、気に入った曲なら1度は挑戦してみる価値はあると思いますよ。

みほさんも是非加羽沢さんの作品を演奏してみてください。
3. Posted by kaiko   2012年01月29日 18:07
5 コンサートよかったですね!管弦楽アンサンブルにピアノもなかなかいいですね。聴いてみたいです。同じCDをまた一枚!スゴい!でもサイン入りだから、貴重ですよね。私も最近辻井信行さんのコンサートに行って来ました。よかったら、フェイスブックにレポートしているので、またご覧下さい。
4. Posted by moreech   2012年01月29日 20:09
kaikoさん

同じCDを買うのはやはりファンならでは?(笑)
サイン会に参加できる ってことで、ついつい。。。(^^;)
今回買ったのは確かに同じCDなんですが、1500円になっていて、買いやすかった というのも理由のひとつです。

辻井さんのオリジナル曲、良いですね。
私も生で聴きたいです。