2013年03月16日

レッスン 雨だれ

ブログもたまには更新しないと・・・

今年1月から始まったショパンのプレリュード「雨だれ」のレッスンは、今日で4回目。 
以前にも書いたかもしれないけど、雨だれは30年ぐらい前にも練習したことがあって、ある程度譜読みが出来ていたので、思ったより早く形が整ってきていた。
自分では弾けるようになってきた と思っていたんだけど、今日のレッスンでは「楽譜通りには弾けているけど、ショパンの曲に聴こえない」と言われてしまった。
譜面通りに弾くだけでは“らしさ”は出ない。メロディ(リズム)の揺れも大切だと指導された。
その“揺れ”もテンポ・ルバート のようなものではなく、揺れるべきところと揺れてはいけないところがある と私は理解した。

前回も指摘されたけど、中間部の左手にメロディが移る部分がまだ縦に刻まれているので横に流れるように弾くことを指摘された。
これが難しい。

そして今日からレッスンを始めたブラームスの交響曲3番3楽章。アレンジはもちろん加羽沢さん。
レッスン開始をもう少し先と見込んでいたので、楽譜を見てその音を出すのが精一杯の状態のまま、しかも1週間ぶりにピアノに触ってからのレッスンとあって、それはもう悲惨な状態。
先生からも「音符は見れているけど、タイもスラーもぐちゃぐちゃ」と。
ペダルで誤魔化しながら弾いているので、ペダルなしで練習するようアドバイスされた。
が、次回のレッスンが来週で、レッスン当日まで練習が出来そうにない。
ちょっと練習方法を変えないと、次回も悲惨なことになりそうなので、対策を練らねば。
 

moreech at 19:53│レッスン 

この記事へのコメント

1. Posted by みほ   2013年03月20日 13:28
モリーチさん、こんにちは。

ショパンの「雨だれ」、素敵ですね。
私もいつか弾いてみたい曲です。

今回のピアノ会では、披露されますか?

2. Posted by もりーち   2013年03月21日 21:12
みほさん

楽譜はそれほど難しくはないと思います。
「いつか」といわず、直ぐにでも弾いてみてください。
ちょっと指が届かないような和音もありますが・・・(^^;)

ピアノ会では時間があれば、練習を兼ねて弾きたいと思ってます。
もう来週ですね。(^^)