2013年05月06日

GWピアノ状況

長かったGWもついに終わり。
前半は地域の各団体関連の資料作りなどに時間を取られたけど、最後の4日間はピアノの練習に時間を使うことができた。
内訳、雨だれ:40分、ブラームス:30分、蝶々:50分の計2時間を 4日間続けることができた。
これはけっこうな収穫になった だろう。

雨だれは全体的な仕上げに近いところに来ていると思ってはいるけど、部分練習が一番多い。
それだけクリアしなければならない課題がはっきりしているということで、練習時間が長くなっていまう。

ブラームス(交響曲3番3楽章ピアノソロアレンジ)も課題はあるんだけど、この曲はあまり練習意欲がわかない。
綺麗なメロディなんだけど、同じフレーズの繰り返しでちょっと飽きてきたりなんかして・・

蝶々は譜読み段階なので、どうしても時間がかかってしまう。
気がつけば1時間経っていることもしばしば。

4日連続で練習できたことで、ちょっとは進展を感じることはできたけど、曲としてはまだまだ。
弾けない部分を中心に練習をしてきたけど、音符をしばらく見ないと何の音かわからいところがいくつかあり、どうしても止まってしまう。
今日になってようやく1小節単位の練習方法に変えて少し手に馴染んでくるような気配を感じることができた。
もう少し早くこの練習方法を取り入れるべきだった。

Youtubeでちょっと聴いてみたけど、1分かからない曲なんだと改めて実感。
練習では1回通して弾くのに5分以上かかっているんじゃないかな?

変ト長調なので♭6個+臨時記号の嵐に頭の中がパニックになってしまう。
果たして弾けるようになるのかな?
130506_1

自分が弾いている音が正しいのかどうかわからなくなってしまうし、毎回違う音を弾いているように も思えてしまう。
やはり背伸びし過ぎたかなぁ。。。
 

moreech at 21:06│レッスン 

この記事へのコメント

1. Posted by きりん   2013年05月07日 21:27
難しそうな曲ですね
自分が弾いている音が正しいのかどうかわからなくなってしまう、って凄くよくわかります
今練習しているパヴァーヌは不協和音が多い曲なので
凄く変な和音でも、合っているのか譜読みが間違っているのか、もしかしたら印刷ミスかも、なんて思ったり…全然わかりません

一小節単位の練習方法とは一小節を繰り返し練習するのですか?
わたしはつい一曲通して弾いてしまおうとするのですが
これだと弾けない所はなかなか上達しないのでこういう練習方法もいいですね
2. Posted by もりーち   2013年05月07日 22:52
きりんさん

パヴァーヌ、実は私もレッスンに持っていってた事があるんですが、3ページ目がどうしても弾けなくて、先生に相談もせず勝手に止めてしまった経緯が・・・

CDなどでは綺麗に聴こえるメロディが、一つずつ音符をみて押さえてみるとすっごい不協和音だった なんてこと、ありますね。
「これ、絶対ミスプリだ!」と思ったこともありますよ。(笑)

普段は通しての練習が多く、部分練習でも短くても数小節は弾いていたんですが、これではダメだと思い、1小節だけを繰り返し弾いて手に馴染む感覚を覚えたら次の小節に進むようにしたんです。
でもあとで通したら、やっぱり弾けなくて・・・(笑)
しばらくはこの練習を続けてみようか思っているところです。

パヴァーヌ、頑張ってくださいね。(^^)
3. Posted by みほ   2013年05月09日 18:38
もりーちさん、こんにちは(^^)

たくさん練習しているのですね。
えらいな~ 。
最近の私といったら、、、(-_-)

少しづつは練習をしています(笑)

私も自分の弾いている曲をYoutubeで見る時がありますが、時間がかかりすぎている自分のピアノにびっくりします笑

そういえば今年はAURAのコンサートないようですね。
4. Posted by もりーち   2013年05月09日 22:54
みほさん

練習するポイントを教えてもらっているので、それらをできるようにしようと思うと、どうしても時間がかかってしまいます。

仕上がってきた段階ではテンポは人それぞれで違っていて良いとは思います。
練習中が遅いのは仕方がないですよね。

Auraはメンバーの交代があったので、夏の宗次ホールは無理なのかもしれませんね。
クリスマスコンサートはある事を願っています。