2013年07月28日

ご招待コンサート

岡田文化財団主催の読響コンサート、すごく良かったぁ!
オーケストラを聴くのはホント、久し振り。
と思っていたけど、同じこの“けんぶん”大ホールで三重フィルの「惑星」全曲を聴いたのって去年だったかな?
まぁ、いずれにせよ久しぶりには違いないな。

130728_1


プログラムを見て、指揮が小林研一郎さんと知る。
曲目もチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」や交響曲第5番、ショパンのピアノ協奏曲第1番と有名どころがばかり。
何より驚いたのが、ピアニストの小野田有紗さん。四日市出身らしい。
華々しい履歴の持ち主で、あの辻井伸行さんが師事した横山幸雄さんにも師事していたよう。
演奏も素晴らしかった!

130728_2


ご招待で勝手に割り振られた座席なので仕方がないのだが、最後列の1つ手前の席でちょっとがっかり。
横方向はほぼ中央(真正面にコンサートマスターが見える位置)で、通路横の席だったのでこれは嬉しかったけどね。

ピアノコンチェルトを聴くにはやはりちょっと遠い気がした。
ピアノの音がオケに負けてるように思えた。もっと近くだったらバランスよく聴けたのかな?
それにしても金管のトランペットとトロンボーンの音がやけに近くに聞こえた。
後ろの方だから座席位置が高く、金管の音が届きやすいのかと。
真ん中あたりだと頭の上を超えていく感じで、全体のバランスがちょうど良くなるのかな?
と、変なことばかり考えていた。

それにしても、たまに聴くフルオーケストラの迫力は圧巻!
普段は器楽曲を聴くことが多いからなぁ。

アンコール曲は「ダニーボーイ」。
前半は低音の弦が中心で、チェロが主旋律でコントラバスがサポートする感じで、この響きがなんとも素晴らしい。
後半のメロディはヴァイオリンで高音域。これまた素晴らしい。
管楽器がない完全な弦楽によるダニーボーイ。
もう一度聴きたいなぁ。
やっぱり私はクラシックよりこっち。

11月には日本センチュリー交響楽団で、チャイコフスキーの交響曲第6番とショパンのピアノコンチェルト第1番の演奏があるよう。
これも聴きに行きたいな。
ピアノ、小山実稚恵さんだし。
今度は奮発してS席を確保して聴きたいな。
 


moreech at 18:41

この記事へのコメント

1. Posted by そらみみ   2013年07月28日 22:03
もりーちさん
オケ、楽しまれたんですね。
チャイコ5番、いいですね。聴きたかったなあ・・・。
終楽章は、ド派手、金管も吠えまくりで、ここまでやるか!な感じで、まさにシンフォニーですよね。
気分爽快です。自分は、悲愴よりも5番ですね。

オケの場合、後ろ席の方が、音がブレンドされて、かつ、逃げていかないので、いいという話、聞きます。

弦楽のダニー・ボーイも、いいなあ・・・。

コンチェルトは、生だと、やっぱりソリストが負けますよね・・・。
2. Posted by もりーち   2013年07月28日 22:55
そらみみさん

やっぱり表現が上手いですねぇ。
正に金管吠えまくり状態を堪能してきました。(^^)
チャイコのシンフォニーを全楽章通して聴くのは初めてでした。
CDなどではなかなか聴く気になれなくて…

ホールで音楽を聴くときは場所がすごくきになるんですが、どこで聴いてもあまり変わらないのかなぁ…
できるなら聴き比べをしてみたいです。

実は今日のコンサート、チケット1枚余っていたんです。
声をかけさせてもらえば良かったですね。