2013年08月16日

ピアノ曲 いろいろ

今年の盆休みは5日。
特に大した予定もないことから、毎日午前中は練習ができる。

エチュード「蝶々」は若干の進展は感じられるものの、とにかく右手首が痛い。
他の曲を弾くときは全く問題ないけど、しばらく弾いていないと手首が固くなるようで、2回通して弾けない事も。
我慢弱いからなぁ。
3日目となる今日も3回目ぐらいで少し休憩(手をぶらぶら)し、我慢して弾いてたらちょっと柔らかくなってきた感じで、30分ぐらい練習できた。
残り2日、もう少し進展させられるかな?

ところで、1週間ほど前にBookoffで見つけた楽譜。
130810_b
表紙にこの上で文字を書いた跡がくっきり残っていたので買うのをためらっていたんだけど、2割引のアナウンスについ買ってしまった。

この曲集が欲しいと思ったのは、加古 隆さんの「黄昏のワルツ」「パリは燃えているか」、大島ミチルさんの「風笛」が弾きたかったし、他にも気になる曲が収録されていたから。
この3曲、アレンジも良くって買って良かった。

「風笛」は以前に簡単アレンジの楽譜を入手して弾いたことがあったんだけど、この楽譜のアレンジは原曲に近く、宮本文昭さんのCDで聴いていたような響きがある。
複雑な音のイメージは、そのまま難しさにつながっているようで、最初の譜読みはかなり苦労した。
まだ完全に譜読みが出来ているわけではないけど、響きはちょっと楽しめるようになってきた。

NHKの番組はほとんど見ないので、「黄昏のワルツ」が良いなぁ と思ったのは、奥村 愛さんのコンサート。
ヴァイオリンとピアノでのこの曲の演奏はすごく良い!
原曲はピアノソロ だと思っているんだけど、もしかしたら違うのかな?

弾いてみると、この曲も良い。
弾きたい曲ばかりがどんどん増える。
レッスンでは現在のブラームスが終わったら蝶々をメインにフォーレ「言葉のない3つのロマンス第3番」を再開し、恐らくフォーレが先に終わるだろうから、その時に新しい曲を持っていく予定。
まだだいぶ先の話なので、その時になったらまた弾きたい曲が変わっているかもしれないな。
 

moreech at 22:19