2013年10月09日

ブラームス交響曲第3番3楽章

このブログによると、ブラームスの交響曲第3番第3楽章の練習に入ったのは、今年の2月頃のようだ。
何でも書いて残しておくと、いつから練習を始めたのかよくわかる。
 これってイイ事かどうかは分からないけど、レッスン日記としては良い記録にはなるな。

練習を始めて8ヶ月ぐらいになるのか・・・
最初はかなり苦労したので、時間がかかったは仕方がないな。
とりあえず、聴いてもらえるぐらいにはなったと思うので、ここで区切りをつけてアップ。
 
使用楽譜:YAMAHA「華麗なるピアニスト」シリーズ クラシック・セレクション 加羽沢美濃編
交響曲 第3番より 第3楽章 
作曲:ブラームス  ピアノアレンジ:加羽沢美濃

ところで、今日は四日市文化会館でワンコインコンサートがあり、斉藤浩さんのツィンバロンを聴いてきた。
演奏形態は、ツィンバロンのソロ、ハープやピアノとのデュオ。
アイリッシュ・ハープの様なちょっと小型のハープと、小さめのツィンバロンは大きな第1ホールで聴くには少々音量不足に思えた。
でも小型のツィンバロン(何とかって名前を言っていたけど覚えていない)澄んだ音色でハープと良いバランス。
ツィンバロンの大きい方(これも名前覚えていない)は凄く個性的な、倍音を多く含んだような音色で、個人的にはコチラの方が気に入った。
ピアノとのデュオでは、ピアソラの「オブリビオン」やチックコリアの「スペイン」を演奏されたが、この2曲がお気に入り。凄くよかった。

プログラムと一緒にもらったほかのコンサートのチラシ。
131009
 
行きたいのはいくつかあるけど、その中で関西フィルの演奏会でヴァイオリンを弾かれる森彩香さんという方が四日市出身とのことなので、是非聴きたいと思う。
同じ苗字で親近感あるし。

 

moreech at 17:05│レッスン | 演奏