2013年12月30日

2013年まとめ

2013年も残り30時間を切り、どんどん新年が近づいていますね。
年末ということで、今年を振り返ってみよう。

まずはピアノ。
昨年から練習をしていた、松本あすかさん編曲のモーツァルト「トルコ行進曲~Tao~」。
新年早々録画してYouTubeへのアップからスタートしているよう。
どうやら検索に引っかかりやすいようで、視聴回数が360回を超えている。
少しだけ再生してもカウントされるようなので、真剣に聴いてもらえたのはどれぐらいなのかさっぱりだけど、それでもやっぱり再生回数が多いと嬉しいものだな。

今年はクラシックに戻ってきた年となり、アレンジものでは「Jupiter」「交響曲第3番第3楽章(ブラームス)」を仕上げ、原曲ではショパンの「雨だれ」を仕上げ、現在はエチュード「蝶々」に挑戦中。
なぜクラシックに戻ってきたか?
今年3月に発売されたCD「24のプレリュード(加羽沢美濃)」の楽譜が発売されると確信し、このプレリュードを弾くにはもっとクラシックをやらないと弾けない と思ったから。
 ・・・あちこちでため息が聞こえてきそう。
結局、まだ楽譜が発売されていないけど、いつか発売されると信じ、今は練習に励むのみ。

次に地域行事。
いろんな団体に首を突っ込んでしまった関係で、地域行事への参加は相変わらず多い。
そんな中でも実行委員長という肩書きをもらってる“星空コンサート”では、今年は最高のコンサートが開催できたと思う。
出演いただいたクラシック・ア・カペラのAuraの皆さんと、無理なお願いを聞いてくださったお二人のマネージャーさんには感謝!
131019_02

いろんな偶然が重なり、今回の出演を可能にしてくれた。
正にピンポイントの企画だったと言える。
再演を望む声も聞かせてもらっているけど、再演はまず無理だろうと思う。

そしてコンサート。
今年は少なかった。
何より、加羽沢さんのコンサートに一度も行けなかったのは残念。
来年は行きたいたいな。

来年につなげていくものとしては、今月から始めた鍵ハモ。
131207_02

目的の曲は、松本あすかさん編曲の「エオリアンハープ」。
ほとんど単音 とはいえ、とても難しい楽譜。
全然弾ける気がしなくて、これでは挫折しそうと思い、少し簡単な曲から挑戦してみることにした。
ぷりんと楽譜でフルート用の楽譜から「めぐり逢い」をチョイス。
実質的にはまだ1度しか練習していないんだけど、なんとなく鍵ハモの弾き方はこうなのかな? と考えられるようになった。
単なる思いすごしかもしれないけど、まだまだ始めたばかりの楽器。
これから少しずつ確信に近づけていければいいな。

来年も音楽を楽しめる年であることを願いつつ、今年のまとめとしよう。
 

moreech at 19:50

この記事へのコメント

1. Posted by みほ   2014年01月02日 16:19
モリーチさん、こんにちは。
お世話になりました。

鍵盤ハーモニカはじめられたのですね。
モリーチさんはほんとに音楽がお好きなんだな~って思いました(^^)いい事です♪

モリーチさん、クラシックを珍しく弾かれたと思ったら加羽沢さんの影響だったのですね(*^_^*)

モリーチさんの音楽は加羽沢さんの影響が大なんですね~笑

今年も音楽を楽しみましょう♪
2. Posted by もりーち   2014年01月04日 15:03
みほさん

新年も、もう4日目。早いですね。
鍵盤ハーモニカ、なかなか面白い楽器ですよ。
鍵盤はピアノで弾きなれているから簡単だろうと思いましたが、鍵盤の大きさが違うので、これがなかなか弾きづらいし、手の角度が変わるので思いのほか苦労してます。(^^;)

加羽沢さんの影響はすごく大きいです。(笑)
加羽沢作品の音楽観が、私の好みの波長に合うんですよ。(^^)

今年もまたみんなで楽しみましょう。