2014年10月20日

第3回 全国ファミリー音楽コンクールinよっかいち

141019

第1回の開催から連続3回、市民審査員(100名)の一人として今年も楽しんできました。
今回から賞が増えたこともあって審査方法がちょっと変わり、1番優秀だと思うチームを一つと、アイデア賞・ユーモア賞・アットホーム賞の合計4つのチーム選ぶ というようになりました。
これにより、本線出場15チームの内9チームが受賞するという、参加者にとってはやりがいのある形になったのでは。

141019_2

プログラムには各チームの構成や演奏曲などが書かれていて、それらも参考にしながら演奏を聴いていると本当に楽しく、時間が経つのが速い。
開会式から演奏終了まで約4時間、それぞれのチームの演奏に聴き入りながら、感じたことなどをメモをしながら自分流の視点で審査、というと大袈裟で自分の好みの演奏を選ばせてもらいました。

今回グランプリに選ばれたのは、地元四日市のチームで「Swing girls and boy」の4人家族。
ご両親と二人のお嬢さん(高校生?)のチームで、「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏。
イントロは妹さんかな? クラリネットでスタート。そしてお姉さんかな?フルートとお母さんのピアノと楽器が増えていくのは普通。
この二人のお嬢さんたち、クラリネットをヴァイオリンに持ち替え、フルートを置いてドラムそしてピアノと、この二人だけでも5つの楽器を演奏し、そしてそのどれもが素晴らしい!
プログラムを見ると、編曲がこの姉妹。

こんな凄い家族が同じ市内に居たなんて!
四日市も捨てたモンじゃないぞ!!(笑)

そして審査の間のミニコンサートは、昨年グランプリの「わっしーファミリー」のみなさん。
お子さんたちが大きくなられて、1年の時間を感じる。
大きくなったのはカラダだけじゃなく、演奏もより一層上達している。
演奏曲は、ビバルディの四季から「春」第1楽章と「冬」第2楽章、「おもちゃのシンフォニー」1~3楽章、ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」 。
子供たち(小4と小2っていってたかな?)は全て暗譜で演奏。すごい!
 
今年はパーカッションのみ とか、和太鼓のみとか、コレまでにない形態での演奏もあり、選ぶ方としては悩ませらるけど、聴かせてもらうにはこんなに楽しいことはない。

また来年も応募するゾ 
 

moreech at 17:11│Comments(0)音楽 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字