レッスン再開“もどき”卒業

2012年05月15日

ハープ ソロコンサート

四日市文化会館で開催されたワンコインコンサート。
本日(2012/05/15)の演奏は平野花子さん。
チラシを見たとき、ハープのソロは珍しいので是非聴きたいと思った。
前回ワンコインコンサートに行ったのは昨年の5月、花井悠希さん林そよかさんだったので実に1年ぶり。
しかも昨年も雨が降っていたんだよなぁ。。。

ステージにはハープが1台のみ。
正確には他にイス・譜面台・マイク(MC用)があったけどね。
こういう光景もあまり見ることはないよね。
そしてステージに現れた平野さん。最初の印象は“小柄な人”。
ネット調べたらハープの高さは185cmらしいが、そこから推測すると150cmぐらいなのでは?
とにかくハープに比べてとても小さい女性だと思った。ハープに潰されるんじゃないかと思うくらいに。(失礼!)
だけど演奏が始まるとそんな違和感はまったくなく、素晴らしい演奏だった。

スカルラッティのソナタから始まったのだけど、ピアノ演奏で聞き覚えのあるホ長調のソナタ。
380番と言っていたと思うけど、記憶は曖昧。
その後ドビュッシーのアラベスク第1番も元々ピアノ曲。
ピアノ演奏で聴くのと響が同じなのにビックリ
ピアノと同じぐらいの音域を持つハープ。両手で音を出すことが出来るのもピアノと同じなので、考えてみればピアノ曲をそのままの音程・ハーモニーで奏でることができる ということなんだ。

途中で楽器の紹介や奏法の紹介があり、表現力の豊かさを改めて知った。

演奏を聴くにつれ興味がどんどん湧いてきて、終了の頃には直接話ができなかなぁ と思っていた。
するとCDの販売とサイン会の案内。
商売上手だなぁ。

一番聞きたかったのは、楽譜。
ピアノのように音符が書かれた2段譜で、下にペダル用の指示が書かれているらしい。
他に感想などを話させていただき、気さくに応対してもらったのも嬉しかった。

最後にお約束の写真。
120515

サインの文字がちいさくて、なんだか体格そのままのようで微笑ましかった。


moreech at 17:07│音楽 | コンサート
レッスン再開“もどき”卒業