テレビ・ラジオ

2011年09月18日

調性

久し振りの「題名」ネタ。[:にぱっ:] 今日のテーマは「調性」。 ピアノを弾く時、正直なところ「調性」について意識することがない。 拍子もなのだけど。。。[:汗:] 音楽を奏でる上では欠くことのできない事柄なんだろうけど、ピアノのレッスンでは「ヘ長調はシの音にフラット、ト長調ではファの音にシャープを付ける」というような教育で、単にシャープやフラットが付いていたら半音移動して黒鍵を弾く と教えられてきた記憶がある。 これは子供の頃の話だけどね。[:にぱっ:] だから、ピアノを習っていても音楽の成績(楽典)は決して良くはなかった。(私だけか?!) 「色聴」という言葉があって、調整ごとに違う色が見える(感じる)人がいるらしい。 ハ長調なら赤(白)というように。 残念ながら私はなにも見えないし感じない。 ただ単に調が変わったぐらいにしか感じない。 今日の番組でフランクの交響曲は転調多いということで演奏を聴いていたけど、はっきり言って画面に調性表示がなければ転調したことにも気付かない始末。[:汗:] 意識して調性を感じてこなかった賜物だな。(言葉の使い方は違うけど。[:汗:]) 続きを読む

moreech at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月17日

夜ノショパン

昨夜のこと。 「僕らの音楽」というテレビ番組に清塚信也さんという方が出演されていて、クラシックのピアニストという紹介のアナウンスに反応して、一旦入った布団から這い出して番組を観た。[:にぱっ:] BGMで流れていた「ショパンへの3つのオマージュ」という曲に惹かれた。 調べてみると「夜ノショパン」というCDに収録されていることが分かり、データ配信で探したけど残念ながらこの曲はなかった。 AmazonでCDの情報を見て試聴したら、やっぱりフルヴァージョンで聴きたくなりそのまま購入手続きをしてしまった。 1割ほど割引されていたし。[:汗:] 届くのが楽しみ![:にこっ:] Amazonで試聴できるページはこちら。 清塚信也さんのオフィシャルサイトはこちら。

moreech at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月13日

第2弾 テレビ

題名のない音楽会 ピアノ大喜利。 こまつさんHIROSHIさん、そして加羽沢さんの3人が即興やテーマに沿ったアレンジ合戦。 すっごい楽しかった![:にかっ:][:チョキ:] HIROSHIさんは「さすが!」って感じで、技量の高さを改めて感じた。 やっぱり凄いなぁ。[:にこっ:] “もしもアトムがピアノの神童だったら”のテーマでは、「エリーゼの為に」~「乙女の祈り」~「英雄ポロネーズ」と難易度が上がっていく設定もそうだけど、見事にアトムのテーマが織り込まれ、演奏と共に本当に素晴らしかった。 加羽沢さんは一休さんのデートと言うことで、「さくらさくら」~「だんご三兄弟」~「ウイスキーが、お好きでしょ」と進んでいく設定。 「ウイスキーが・・・」が出てきた時には、やっぱりお酒が絡んでくるんだぁ なんて思ったけど、いつの間にか一休さんがお酒を飲める年になっていたんだ! と感心したり。[:にかっ:] でも一休さんがお酒を飲む姿、想像できないなぁ。[:にかっ:] 最後に佐渡さんが言った「ちさ子教授のアシスタントで、いい加減なトークといい加減なピアノ(?)しか聞いたことがなかったけど、こんな立派なピアニストだと初めて知った」と言う言葉が印象的だった。[:にぱっ:] これはもしかすると、加羽沢さんの特集ができるかも? オケとピアノの曲、いっぱいあるし、是非題名で演奏して欲しいな。[:にこっ:]

moreech at 13:52|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2011年02月12日

第1弾 ラジオ

美濃さんWeekの第1弾はFM-NHK 名曲リサイタルでの“フレーズ・ア・ラ・美濃”のコーナー。 今日は2月3月のテーマ曲、メンデルスゾーンの「歌の翼に」の演奏がある日。 2ヶ月に1度、クラシック曲をピアノソロにアレンジして演奏されるこのコーナーを楽しみにしている。[:にぱっ:] 今日の演奏者で気になっていたのが、打楽器アンサンブル「ハロミーヤ」という3人組。 番組の詳細ページにある写真にマリンバやカホンが写っていたし、演奏曲目にルロイ・アンダーソンの「シンコペーテッド・クロック」などもあり、どんな演奏を聴けるのか楽しみにしていた。[:にぱっ:] いやぁ~ 実に楽しい演奏![:にかっ:] ステージを観てみたいと思う。 検索してみたらオフィシャルページもあるようで、YouTubeの動画へのリンクもあった。 まだ観ていないんだけど、またあとでゆっくり観てみようと思う。[:にこっ:] 続きを読む

moreech at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月06日

美濃ちゃんWEEk

題名のない音楽会の次回予告を観て歓喜![:にかっ:] 大好きな企画のひとつ「ピアノ大喜利」で、こまつさんとHIROSHIさん、その上加羽沢さんまで出演! どれだけこの日を持ち焦がれたことか![:にかっ:] その前日の土曜日(12日)はFM-NHK名曲リサイタルで加羽沢さんの新しいアレンジ曲(メンデルスゾーン:歌の翼に)が聴ける。 そして15日は東京文化会館でのソロコンサート。 これは正に“美濃ちゃんWEEK”と言うにふさわしい。[:にかっ:]

moreech at 22:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年01月23日

2台ピアノ

昨日1月22日放送のFM-NHK「名曲リサイタル」。 クラリネット奏者の田中香織さんの話で、クラリネットの現代曲ではピアノのような2段譜になっているものがあり、下段には音符ではなく足の動かし方、つまり踊りのためのステップが細かく指定されているものがあり、演奏しながら踊ることが出来るのだそう。[:ぎょ:] ちょっと観てみたいな。[:にこっ:] 後半で演奏されたピアノ・デュオ「ドゥオール」。 その演奏曲のひとつ「幻想即興曲」(作曲:ショパン/編曲:クールド/シェフター)は圧巻!! アレンジされたものをこれまでにも聴いたことはあったと思うけど、これほど衝撃を受けたのは初めて。 ちょっと大げさかもしれないけど。[:にかっ:] 言葉で演奏を伝えるのは非常に難しいけど、演奏者の言葉を借りるなら、「第2ピアノがメロディ(第1ピアノ)の3度下をメロディと同じように弾いたり、メロディを追っかけたり追い抜いたり、2台のピアノが会話をしているように変化するアレンジで、ソロとは違う印象を受ける」、正にそんな曲。[:にかっ:] すごく聴き応えのあるアレンジ。またお気に入りが増えた。[:にかっ:] 放送内容の詳細はこちら。

moreech at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月04日

レッドリスト

昨年10月24日に放映された題名のない音楽会「絶滅危惧種を救え! ちさ子教授の音楽レッドリスト」。 ツイッター情報によると第二回が1月16日に放映されるようです。 「ちさ子教授」シリーズには、助手として加羽沢さんが出演されるのでいつも楽しみにしている。[:にかっ:] たぶん今度も出演されることと思います。 出演されても演奏が少ないので、その点はちょっと残念なんだけど。 前回絶滅危惧種に指定(?)されたのは、チター、ヴィオラ・ダモーレ、テルミン、セルパンの4つの楽器。 今回はどんな楽器が選ばれ、そしてそれらの楽器がごのような音色なのか、とても楽しみ。[:にこっ:] 救出案についてはみなさん“ウケ狙い”的案なので実用的ではないけど、真剣に捉えなければ笑える面白いもの。[:にぱっ:] 「こんな楽器があったんだ!」という新しい発見がきっとあると思うので、それを知るだけでもいい企画だと思う。

moreech at 22:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年12月12日

ハカセハカセ

本日の「題名のない音楽会」。葉加瀬太郎さん扮する葉加瀬博士による音楽実験室。 好きだなぁ、こう言うおふざけ。[:にかっ:] 葉加瀬さん作曲の「エトピリカ」にいろんな曲をミックスしての、アレンジ大会のような構成になっていたけど、アレンジも楽しく演奏も素晴らしく、観応え聴き応え十分な30分だった。[:にこっ:] 葉加瀬さんを初めて知ったのは、25年ぐらい前だったろうか。 テレビ東京系列で放映されていた「タモリの音楽は世界だ!」と言う番組にクライズラー&カンパニーとして出演された時。 このとき聴いたビバルディの「春」をテクノポップ風にアレンジした演奏で惹き付けられ、以来クライズラー&カンパニーのファンとなり、今も時々クルマの中で聴いている。 ファンが求めるのはクラシックのアレンジ、葉加瀬さんがやりたいのはオリジナルとのことで、わずか数年で解散してしまい、非常に残念に思った。 今日の番組で佐渡さんも言っていた「短調が力強く聴こえ長調が悲しく聴こえる」エトピリカのアレンジ。 これ、本当に素晴らしかった。 録画しておいて正解だった。[:チョキ:] これは私のコレクション入り決定![:にかっ:] 第2回があるかどうかわからないけど、是非ともまた企画して欲しいな。 しかし、こんなに笑った題名は久しぶりだったなぁ。[:にぱっ:]

moreech at 22:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

スケートをする人々

昨日放送のあったFM-NHK名曲リサイタル。 2ヶ月に1回、加羽沢さんクラシック曲をアレンジ、そして演奏するコーナーがある日。 今回のテーマ曲はワルツ「スケートをする人々」。 作曲はワルトトイフェルと言う人なんですね。超有名曲だけど、作曲者を知らなかった。[:汗:] 演奏前にアレンジのポイントを聞かれて、「スケートをテーマにした映画の曲を作っている」と発言。 と言うことは、来春ぐらいに映画が公開されるのだろうか? 観に行かなきゃ! と思ってしまった。[:にかっ:] 昨年12月のテーマ曲が「美しく青きドナウ」で、このアレンジがすっごく好きで、10月に名古屋で公開収録があった時に「ドナウが弾きたいので楽譜の販売予定は?」と言うようなことを直接聴いたのだった。 今年も12月はワルツ。 加羽沢さんのワルツ、すごく似合っていると言うか、美濃ちゃんワールド炸裂と言うか、とにかくまたまたお気に入りが増えた。[:にかっ:] オリジナルの「プリンセス・ワルツ」(テレビドラマ整形美人)や「パリ気分」、アレンジの「花のワルツ」などどれも好きな曲ばかり。 耳コピできる才能が欲しい!! 続きを読む

moreech at 07:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)