コンサート

2012年12月24日

クリスマス・コンサート2012

昨年に引き続き、今年もAuraのクリスマス・コンサートへ。121223_b

5声のア・カペラは、“歌”というよりは“器楽合奏”の印象。
昨年、初めて生演奏を聞いたときの感動は微塵も揺らぐことは無く、さらに多くの感動を得られた。

ふと思い立って、昨年のプログラムを見て驚いた。
実は今年、昨年とは違った曲目が多く入っていたように思っていたんだけど、昨年なかったと思っていた「Happy Xmas」や「花のワルツ」も入ってた。
記憶のなんと曖昧なこと。 

昨年と違うと感じたのは、振り付けによる印象の変化なのかもしれない。
アイドルグループの派手な振り付けではないけれど、動きがあるだけで印象って変わってしまうのかもしれない。
あらためて、そう感じた。

Auraのメンバーがこのブログを見ることはないだろうから書くけど、個人的にはメゾ・ソプラノの菊地さんの声が一番のお気に入り。
だけど、今回のコンサートでは昨年からメンバーに入ったアルトの内野さんの活躍が印象的だった。
卒業された星野さんのあとを十分にカバーし、新生Auraのサウンドの幹になっていると感じた。
正直なところ、昨年はまだ馴染めていないような印象を持っていたんだけど、この1年、相当頑張られたのだろうと容易に想像ができる。
曲紹介のコメントも一番弾けてた かな?

ますますAuraの魅力に捕らわれた2時間だった。
恐らく次は来年の夏、また宗次ホールに来てくれるだろうと思うので、また必ずド真中の席をGETして聴くぞぉ 
他では聴いたことはないんだけど、宗次ホールとAuraは絶好の組み合わせだと思う。

121223

今回はまだ持っていないデビューアルバムを買ってサイン会に参加した時、菊地さんが「声が若いから恥ずかしい」といわれたけど、聴いてみて確かにちょっと若い印象はあったけど、そういう先入観があったからともいえる。
普通に聴いていたら、まず気にすることはなかっただろうな。



moreech at 09:25|Permalink

2012年10月21日

休暇10日目の続き

東京に着くまでの新幹線車内の事や東京駅から総武線に乗ったときのトラブルなど、詳細に書き始めるとキリがないので1つだけ。
東京駅から総武線の乗り場にようやく着いて、乗った電車が逆方向だった事件がありました。

今回のコンサートは小ホール。
小ホールって思った以上に小さかった。(笑)
ホールの形をしたサロンって感じ。

今回の席は知人にお願いしていたんだけど、送付されたチケットを見たら最前列!
実際にその席に座ると、ピアノのイスまで直線距離で3m無いほどの近さ。
指の動きが手のひら側からよく見えて感激!

121020_03

ハイビスカス?っぽい花柄の華やかな衣装で登場した加羽沢さん。
1曲目はショパンメドレー。
FM-NHKの名曲リサイタルのコーナーでも演奏されたけど、その時とはアレンジがちょっと違っていて、新鮮味があった。
ラジオやCD、あるいは以前のコンサートで聴いた曲でも、毎回違うのは加羽沢さんだからこそ かな?


演奏が始まる少し前、マネージャーさんかな?
ピアノの譜面台に今日のプログラムを1枚置いた。楽譜じゃなくてプログラム。
演奏する曲名だけ分かれば、その日のコンサートは成立するんだ と感心していた。

今年はデビュー15周年とのことで、これまでに加羽沢さんが手掛けてきた曲、オリジナルやJ-POPとクラシックのアレンジ曲、映画音楽などファンにとってとても嬉しい選曲。
またトークもいつも以上に多くて初めて知った事もたくさんあった。
一部の最後は恒例リクエストによる即興演奏。
今日はリクエスト出来て、ちゃんと弾いてもらえた。
つい最近まで練習してきた「ハナミズキ」。
楽譜で出版されているアレンジとは違って、とても良かった。

二部は紫色のシックな感じのドレスで、「誰もいない海」からスタート。
アンコールでは、つい最近レコーディングが終わったばかりの「24のプレリュード」から「イ長調」と「変ロ長調」の2曲を演奏された。
勿論、世界初演。
個人的には変ロ長調の方が気に入った。
曲調もそうだけど、ゆったり目でなんとかなりそうな感じ。
もう楽譜が出版される前提で書いてるけど。
サイン会の時に聞いたら、楽譜出版もありそうな印象を持ったけど、実際のところはどうなんだろうな。
春先には何らかの情報が入る事を期待してる。


今回のコンサートでいつもと違うと感じたのが、曲紹介。
オリジナル曲ばかり ってこともあるかも知れないけど、作曲のポイントなど実際にモティーフを左手で弾きながら(右手はマイクを持っている)丁寧に説明してくれて、これだけでも来た価値がある と思った。
作曲者が作曲のいきさつなど直接話してくれるのだ。これって貴重ですよ。

ではお約束の1枚。

121020_05

楽譜を差し出したとき、「うわぁ!いっぱい練習してる!」って言ってもらったのが嬉しかったなぁ。
これでリクエストした理由を理解してもらえた かな?(笑)
時間が許されるなら、まだまだ話したかったなぁ。

CDは今年発売されたオリジナルベストアルバム 夢の扉。


今回はもう1枚。
121020_06





moreech at 22:40|Permalink

2012年09月23日

TSUKEMEN

アルバム「BASARA」が発売されたのが2010年3月のようなので、恐らくその頃だと思うけど、題名のない音楽会にTSUKEMENが出演された。
何を演奏したのかはっきり覚えていないけど、とにかくひと聴き惚れ。
moraでアルバム1枚ダウンロードし、すっかりお気に入りになっていた。
そんなTSUKEMENが三重県文化会館でライブをすると知り、すぐにチケットを入手。
昨日そのコンサートを聴いてきた。

すっごく楽しいコンサート。
今回は予算の都合もあり、CDを買うのはやめようと思っていたんだけど、やっぱり買ってしまいサイン会に並んだ。(笑)
さすがに並んでいるのは女性ばかり。
ちょっと恥ずかしかった。

今回のコンサートが行われた中ホール、座席は960席。
「中」とはいえ、最近では1000人近くが入るホールで聴く機会があまりなかったせいか、大きく感じられた。
先月と今月、2回続けて聴いた宗次ホールの印象が強く残っていて、ピアノとヴァイオリン2本のTSUKEMENより宗次ホールの花井悠希さんの1本のヴァイオリンの方が迫力があった。
もちろん会場の大きさも、演奏者との距離も全然違うので当然なのかもしれないけど、そう思うと宗次ホールで聴いた方がお得なような気がした。

さてTSUKEMENの3人。
それぞれが曲を創っていて演奏されるんだけど、音楽の方向性が一致している というか、それぞれ個性はあるんだけど、みんなTSUKEMENのサウンドになっている。
そのようにしているのだからそうなのかもしれないけど(なんのこっちゃ!)、すごいと思う。
それぞれのオリジナルもアレンジ曲も好きだなぁ。

アンコールは3曲。
モンティのチャールダシュではコミカルなパフォーマンスもあり、会場に降りてきての演奏もあり、すっかり楽しませてもらった。
私の守備範囲内でコンサートがあればまた行きたいな。

サイン入りCD、今回は面倒なので写真はなしです。(笑)


moreech at 17:28|Permalink

2012年09月04日

ランチタイムコンサート

名古屋市栄の宗次ホールで、三重県いなべ市出身のヴァイオリニスト花井悠希さんと作曲家でピアニストの林そよかさんのコンサートを聴いてきた。
このお二人のコンサートは、昨年の四日市文化会館で開催されたワンコインコンサート以来。
twitterで三重県出身だと知って、コンサートに行った。
それから林そよかさんのファンに。

前回はさだまさしさんの曲がすごく印象に残っていて、花井さん=さだまさしさん のイメージを作ってしまっていた。
でも今日はクラシック曲ばかりのプログラム。
愛の挨拶に始まって、クライスラーやモーツァルト、ドビュッシーやドヴォルザークなどなど全11曲。
曲名を聴いて知らないと思ったのは7曲。

知らないと思っていた中で、ピアソラの「アヴェ・マリア」は聴き覚えがあった。
どこで誰の演奏で聴いたのかしばらく考えていて、“もしかしたら四日市のワンコインコンサート?”と思い当たった。
どちらも花井さんだし。
家に帰って去年のプログラムを引っ張り出してみたらビンゴ
やっぱり花井さんの演奏で聴いていたのだった。
ピアソラのアヴェ・マリアも良いなぁ。

もう1曲、今日聴いていいと思ったのがショスタコーヴィチのワルツ第二番(ジャズ組曲より)だった。
これまでのショスタコーヴィチの印象とは違って、どこか日本的なイメージがところどころに見えて、興味を持って聴けた。
“へぇ~ こんな曲もあるんだぁ”なんて思っていたんだけど、去年のプログラムを見たら、ピアソラと一緒に載っていた。
四日市でも聴いていたんだぁ。

アンコールはさだまさしさんの「北の国から」。
このピアノ伴奏アレンジがすっごく良い!!
残念ながら、アレンジはそよかさんではないらしいけど。

ということで、お約束の
120904_02



moreech at 18:41|Permalink

2012年09月02日

生演奏とCD

もう月も変わってしまったけど、先月25日 名古屋・栄の宗次ホールでAuraの演奏を聴いてきた。
今回はビバレディの四季を全曲、5声のアカペラだけで演奏すると言う企画。
「春」の一楽章や「冬」の二楽章は、いろんな形でアレンジされて演奏されてきたと思うけど、全曲をアレンジで演奏、しかもアカペラというのは非常に珍しい。
というか、恐らく世界初。
しかもその初演がこの宗次ホールとのこと。

演奏は圧巻!
原曲に忠実に5声にアレンジされ、見事に「Auraの四季」になっていた。
天井が高いこのホールだからこその響きもあり、ただただ聴き入っていた。

四季は第二部で演奏されたんだけど、第一部では驚きのゲストが出演された。
昨年Auraを卒業された星野さんが出演され、6声のアカペラと当初のメンバーでの演奏があり、もう感激!
星野さんの低音、やっぱり良い!
コンサートになかなか行けず、初めて行った昨年末には新メンバーとなっていたので、初めてFMの名曲リサイタルで聴いて感動した時のサウンドを生で聴けたのはほんとうに嬉しかった。
新メンバーの内野さんには申し訳ないけど。

例によって終演後はサイン会。
120825

帰ってからCDで「四季」を聴いているんだけど、このAuraに限ってはCDの音では満足できない。
生を聴くまではそんなことも無かったけど、生で聴くとCDの音が貧弱というか、とにかく全く違うのだ。
特に今回は会場のド真ん中席をGETできたので、その差が大きく感じるのかもしれないけど、それにしてもこれまで何度もコンサートのあとにCDを聴いたけど、これほどの違和感(ちょっと大げさだけど ^^;)を感じたことはない。
人の声って楽器以上に微妙なのだろうか・・・
それとも声のハーモニーだからなのだろうか・・・ 不思議だ。


moreech at 12:42|Permalink

2012年05月15日

ハープ ソロコンサート

四日市文化会館で開催されたワンコインコンサート。
本日(2012/05/15)の演奏は平野花子さん。
チラシを見たとき、ハープのソロは珍しいので是非聴きたいと思った。
前回ワンコインコンサートに行ったのは昨年の5月、花井悠希さん林そよかさんだったので実に1年ぶり。
しかも昨年も雨が降っていたんだよなぁ。。。

ステージにはハープが1台のみ。
正確には他にイス・譜面台・マイク(MC用)があったけどね。
こういう光景もあまり見ることはないよね。
そしてステージに現れた平野さん。最初の印象は“小柄な人”。
ネット調べたらハープの高さは185cmらしいが、そこから推測すると150cmぐらいなのでは?
とにかくハープに比べてとても小さい女性だと思った。ハープに潰されるんじゃないかと思うくらいに。(失礼!)
だけど演奏が始まるとそんな違和感はまったくなく、素晴らしい演奏だった。

スカルラッティのソナタから始まったのだけど、ピアノ演奏で聞き覚えのあるホ長調のソナタ。
380番と言っていたと思うけど、記憶は曖昧。
その後ドビュッシーのアラベスク第1番も元々ピアノ曲。
ピアノ演奏で聴くのと響が同じなのにビックリ
ピアノと同じぐらいの音域を持つハープ。両手で音を出すことが出来るのもピアノと同じなので、考えてみればピアノ曲をそのままの音程・ハーモニーで奏でることができる ということなんだ。

途中で楽器の紹介や奏法の紹介があり、表現力の豊かさを改めて知った。

演奏を聴くにつれ興味がどんどん湧いてきて、終了の頃には直接話ができなかなぁ と思っていた。
するとCDの販売とサイン会の案内。
商売上手だなぁ。

一番聞きたかったのは、楽譜。
ピアノのように音符が書かれた2段譜で、下にペダル用の指示が書かれているらしい。
他に感想などを話させていただき、気さくに応対してもらったのも嬉しかった。

最後にお約束の写真。
120515

サインの文字がちいさくて、なんだか体格そのままのようで微笑ましかった。


moreech at 17:07|Permalink

2012年01月22日

ニューイヤーコンサート in 香芝市モナミホール

120122_2

1年ぶりの加羽沢さんのコンサート。
今回は奈良県香芝市にあるモナミホール。

気合を入れすぎて早目に出かけたら、開演の約2時間前に到着。
で、付近を散策していたら、ホールの裏手にはこのような治水公園があり、とても良い雰囲気。

120122_1

ホールの入り口はこんな感じ。

今日のコンサートは残念ながらソロではなく、前半は“アートノームアンサンブル”8人による室内楽。
トランペット×2、トロンボーン、ホルン、ファゴット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノというちょっと珍しい組み合わせ。
金管が4つもあるとヴァイオリン1台では、少々バランスが悪いようにも思えたけど、聴いているとなかなか良い!
「ニューイヤーコンサート」ということで、曲目も「美しく青きドナウ」「雷鳴と雷光」「皇帝円舞曲」など聴き馴染みのある曲ばかりで、とても楽しめた。

第2部はお待ちかねの加羽沢さんとチェン・ミンさん。
大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のテーマでスタート。
昨年秋の星空コンサートで、私のピアノと梁天仁さん、そしてその生徒さんたちでこの曲を演奏させてもらったし、今ピアノソロ曲も練習しているのでとても興味深く聴いた。
Chisa&Minoも良いけど、Chen&MinoのCDも発売して欲しいな。

加羽沢さんのソロは、アレンジもので「星に願いを」「アランフェス協奏曲」の2曲。
そして恒例のリクエストコーナー。
加羽沢さんのオリジナル曲が2曲リクエストされ、「加羽沢美濃さんは人気ありますね」と自分で言って会場を沸かせていたけど、やっぱり皆が知っている曲の方がこのコーナーは盛り上がると思う。
本人もそう言っていたけど。
ファンとしてはオリジナル曲が聴けるのは、非常に嬉しいんだけどね。正直なところ。

コンサート最後の曲はショパンの「別れの曲」をピアノ&二胡で。
この演奏、素晴らしかった!
やっぱりCDが欲しいな。

サイン会では少しだけど話もでき、やっぱりコンサートに行けて良かったと改めて思った。
最後はお約束の
120122_3

CD「Piano Classic Fantasy」は初めてのコンサートでも買ってサインをしてもらったので、これで2枚目。

 

moreech at 22:39|Permalink

2011年12月24日

Aura クラシック・ア・カペラ

昨日のブログ、テンションが上がっていたせいか、文章が支離滅裂・・・[:汗:] 今日は冷静に書けるかな?[:にかっ:] 開演前のチャイムが鳴り終え、しばらくして照明が落とされ、ステージには誰もいない状態。 舞台奥から楽器の音のようにも聴こえる歌声が静かに響き始め、ハンドベル(1音)と鈴を手にステージの両側からまず二人が登場。 そしてハーモニーが増え、また二人がステージへ。そして最後の一人が登場し、Auraの5人がステージに並んだ。 曲は「神の御子は今宵しも」。 とてもよく響くホールで、1曲目でハーモニーの素晴らしさと声量の迫力に惹き込まれ、経験をしたことは無いけど、中世ヨーロッパの大きな教会で聴いているような印象を受けた。[:にこっ:] Auraの演奏は5人が並び、動きはないと勝手に思い込んでいたけど、3曲目の「ガウデーテ」ではフォークダンスのような動きがあり、そのあと3曲ぐらいは歌いながら立ち位置を変え、ステージいっぱいに広がったり中央に集まったりで、聴いていても音楽が広がったりして、中央の席を取ればよかったとちょっと後悔。 続きを読む

moreech at 09:35|PermalinkTrackBack(0)

2011年12月23日

クリスマスコンサート

全ては私が送った1通のメールから始まった。 私が実行委員長を務める“星空コンサート”。 就任した時から「実現出来たらいいな」と思っているアーティストがクラシック・ア・カペラユニットの“Aura(アウラ)”。 初めて知ったのは“題名の無い音楽会”。そしてその後でNHK-FMの“名曲リサイタル”で聴いた。 それ以来いつかは生で聴きたいと思い続けていた。 今年の星空コンサートが終わった後、このAuraに出演について問い合わせをした。 予算的にかなり無理がある為、実現はかなり難しいと分かり、諦めていた。 マネージャーさんと数回、メールでやり取りをさせてもらっていて、お互いに実現は無理だと認識していると思ってた。 だけど先週、マネージャーさんからメールをもらい、12月23日(つまり今日)名古屋・栄の宗次(むねつぐ)ホールでのクリスマスコンサートに招待していただいた。 まさかこんな事が現実に起きるとは夢にも思わず、狂喜乱舞。まぁ、踊ってはいないけど。。。[:汗:] 続きを読む

moreech at 22:18|PermalinkTrackBack(0)

2011年10月05日

3日前

地域のイベントのひとつで、実行委員会の委員長を勤めている「星空コンサート」の開催まであと3日となってきた。 今回のコンサートでは、私自身もピアノで演奏に参加する事になったので練習を重ねてきたけど、やっぱり怖い。[:あうっ:] 唯一の救いは、自分の楽器を持ち込む ってことかな?[:汗:] ここまでくると急激に上達は見込めないので、折角の機会なので楽しみたいと思っている。[:にこっ:] 最後まで決めかねていたのが楽譜をどうするか。 屋外でのコンサートになるので、風がつきもの。 となると普通に紙の楽譜では、勝手に捲れたり飛ばされる可能性がある。 そこで最初はタブレットを考えていたんだけど、ページをめくる動作にかなり問題がある。 HTMLで画面に触れることで次ページに移動できるようにはしたけど、反応がイマイチでタッチしても無反応な時があり、一瞬で確実にページを捲れないことには音楽を止めてしまいかねない。 タブレットだと1画面1ページしか表示できないので、ページめくりができないリスクが高くなるので諦めた。 で、最終的にこうすることにした。[:下:] 続きを読む

moreech at 22:19|Permalink